@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大神【オオカミ】

デジタル大辞泉

おお‐かみ〔おほ‐〕【大神】
神を敬っていう語。おおみかみ。
「水の上は地行くごとく舟の上は床に居るごと―の斎(いは)へる国そ」〈・四二六四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だい‐じん【大神】
神を敬っていう語。尊い神様。大御(おおみかみ)。おおかみ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おお‐かみ おほ‥【大神】
(「おおがみ」とも)
[1] 〘名〙 神をうやまっていう語。大御神(おおみかみ)
※万葉(8C後)一九・四二六四「そらみつやまとの国は〈略〉大神のいはへる国ぞ」
[2] 天照大神(あまてらすおおみかみ)の称。
※続日本紀‐神護景雲元年(767)八月一六日・宣命「故(かれ)尚此(こ)は大神(おほかみ)の慈び示(あらは)し給へる物なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおみわ おほみわ【大神】
※万葉(8C後)一六・三八四〇「寺々の女餓鬼(めがき)申さく大神(おほみわ)の男餓鬼(をがき)を賜(たば)りてその子生まはむ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だい‐じん【大神】
〘名〙 神を敬っていう語。とうとい神。大御神(おおみかみ)。おおかみ。
※正法眼蔵(1231‐53)古鏡「母氏かつて夢みるにいはく、ひとりの大神、おほきなるかがみを持してむかへりと」 〔周礼‐春官・肆師〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おお‐がみ おほ‥【大神】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大神」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大神の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation