@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大義【タイギ】

デジタル大辞泉

たい‐ぎ【大義】
人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」
重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たい‐ぎ【大義】
〘名〙 (「だいぎ」とも)
① 重要な意義。大切な意味。要義。
※法華義疏(7C前)一「大乗教猶称是方便者、即如上釈、大義未周故也」
※十善法語(1775)二「大義をわすれて小威儀にとどこふると」 〔漢書‐芸文志〕
② 人のふみ行なうべき大切な節義。人倫の大きな筋道。君臣、親子、男女の道など。
※性霊集‐六(835頃)奉為桓武皇帝講太上御書金字法花達「文思弘道、凌殷周而大義貫三」
※神皇正統記(1339‐43)中「此大臣まさしき外戚の臣にて政(まつりごと)をもはらにせられしに、天下のため大義をおもひてさだめおこなはれける」 〔易経‐家人卦〕
③ 過重な負担。厄介な事柄。大儀。
※蔭凉軒日録‐文明一八年(1486)七月二日「鹿苑寺領庭石十ヶ、自東府之。為寺家引進之命有之。然者寺家大義不之。達台聴御免者、為寺家之大幸
※雑俳・柳多留‐九(1774)「月二つむすこ太義を思ひたち」
⑤ 聖徳太子が推古天皇一一年(六〇三)に制定した冠位十二階のうちの一つで、第九番目の位。
※書紀(720)推古一一年一二月(岩崎本訓)「始めて冠の位を行ふ。大徳・小徳・大仁・小仁・大礼・小礼・大信・小信・大義(音読符号)・小義・大智・小智、并せて十二階なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大義の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation