@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大腸菌【だいちょうきん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大腸菌
だいちょうきん
Escherichia coli; colif orm bacillus
腸内細菌科に属する代表的な属。ヒトおよび動物の内,特に大腸に多数生息し,したがって,糞便汚染された外部環境にも広く存在する。グラム陰性の中等大の桿菌で,周毛により固有運動を行う。ブドウ糖のほかに乳糖もすみやかに分解して,とガスをつくる。元来,非病原性であるが,しばしばヒトに病原性を発現し,虫垂炎,膀胱炎,腎盂炎などを起す。 1950年以来,特に乳幼児急性腸炎特定の血清学的性状をもった大腸菌によって起ることが知られ,これらの菌腸管病原性大腸菌と呼ばれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だいちょう‐きん〔ダイチヤウ‐〕【大腸菌】
腸内細菌一種グラム陰性桿菌(かんきん)ビタミン合成などの機能があるが、病原になることもある。糞便(ふんべん)中に必ず見られるので、水などの汚染検査の指標とされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

大腸菌
 大腸に多い菌で,グラム陰性の桿菌.遺伝子工学などで広く利用される.O-157のように病原性のある株もある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいちょうきん【大腸菌 Escherichia coli】
腸内細菌科の大腸菌属Escherichiaの1種。グラム陰性で,通性嫌気性の杆菌。長さ2~4μm,幅0.4~0.7μm。周在性の鞭毛をもち,運動性を有する。ヒトを含む動物の腸管とくに大腸内を生息の場所とするが,糞便に汚染された外界にも広く存在する。この点で,大腸菌の存否の検査は,糞便による汚染の有無の指標とされており,水質検査などに用いられる。大腸菌は健康人の腸管に常在しており,それらは無害な寄生菌であるが,人体の常在部以外の臓器に侵入した場合には,病原性を発揮し,感染症を引き起こすことがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大腸菌
だいちょうきん
[学] Escherichia coli (Migula) Cast. et Chalm.

狭義には、腸内細菌科エッシェリキア属に属する細菌をいい、広義には、シトロバクターCitrobacter、クレブシエラKlebsiella、エンテロバクターEnterobacterなどを含めた大腸菌群をさす。狭義の大腸菌は、幅0.5~1.5マイクロメートル、長さ2~6マイクロメートル(1マイクロメートルは100万分の1メートル)のグラム陰性の桿菌(かんきん)で周毛性であるが、菌株によっては鞭毛(べんもう)のないものもある。通性嫌気性。通常の培養基によく発育し、平滑型、不透明で白色の集落(コロニー)をつくる。大腸菌はブドウ糖、乳糖、マンニットを分解し(ときにはショ糖やサリシンも分解する)、酸とガスを産生する。しかし、硫化水素は産生せず、尿素の分解も行わない。

 大腸菌はヒトならびに動物の腸管内に生息する常在菌であり、腸管内容物1グラム当り108個含まれている。消化を助け、ビタミンを生産し、腸内容物の流動を助け、腸管内へ侵入する有害菌を排除する働きをもつ有益な細菌である。しかし、大腸菌のなかには、なんらかの理由で病原力を獲得して、下痢や胃腸炎などの症状をおこす感染症の原因となるものがある。病原性によって5型に分類される。近年問題となっている病原大腸菌O157は腸管出血型である。

(1)腸管病原性大腸菌 サルモネラ腸炎に似た急性胃腸炎として発症する。おもに小児に発熱、嘔吐(おうと)、水様性下痢をおこす。O26、O44、O55、O86、O111、O114、O119、O125、O127、O128、O142、O158の血清型大腸菌。

(2)腸管侵入性大腸菌 大腸の粘膜に侵入し、細胞を破壊し、赤痢に似た症状となる。発熱、腹痛、水様性下痢をおこす。O28、O112、O121、O124、O136、O143、O144、O152、O164の血清型大腸菌。

(3)毒素原性大腸菌 コレラ様の下痢をおこす。開発途上国での乳幼児下痢症、旅行者下痢症として知られている。O6、O8、O11、O15、O25、O27、O29、O63、O73、O78、O85、O114、O115、O128、O139、O148、O149、O159、O166、O169の血清型大腸菌。

(4)腸管出血性大腸菌 加熱不十分な肉類や牛乳(ウシの保菌率が高い)や非加熱の野菜などから感染。ヒトからヒトへも感染し、単なる食中毒ではない。病原因子は菌の生産するベロ毒素(シガトキシンShiga-toxin)でタンパク質合成阻害作用をもち、細胞致死作用を示す。O26、O103、O111、O128、O145、O157の血清型大腸菌。

 O157による感染症は比較的長い潜伏期(3~7日)の後、腹痛、下痢、発熱の症状があり、次に血便となることが多い。

(5)腸管凝集付着性大腸菌 細菌が凝集塊となって、腸上皮細胞に付着する性質をもつ菌群。耐熱性の腸管毒を産生する。小児の慢性下痢症の原因とされ、水様性下痢、嘔吐、脱水症状、ときには発熱、血便がみられる。O44、O127、O128の血清型大腸菌。

 大腸菌群は糞便(ふんべん)汚染の指標として、飲料水や食品、さらには海水浴場や公衆浴場などの衛生検査によく使われる。これは糞便汚染があれば、消化器系伝染病菌である赤痢菌や腸チフス菌のほか、食中毒菌であるサルモネラ菌や病原大腸菌の存在、もしくはその疑いがもたれるからである。しかし、本来、大腸菌群自体は有害菌ではなく、腸管内以外の自然界では増殖しないことから汚染指標として使われているわけである。

[曽根田正己]

『厚生省保健医療局結核感染症課監修『よくわかる腸管出血性大腸菌(O157等)感染症の症状・診断・治療』改訂版(1997・厚健出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だいちょう‐きん ダイチャウ‥【大腸菌】
〘名〙 腸内細菌の一種。ヒトを含めて哺乳類の結腸を主な寄生場所とするグラム陰性の桿菌(かんきん)。鞭毛(べんもう)を有し変異性に富む。病原性は非常に低い。〔育児読本(1931)〕
※旅‐昭和二六年(1951)六月号・年寄にさら湯は毒〈酒井谷平〉「また之れによって不潔視されている大腸菌のレーゾン・デートルも出来たわけである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

大腸菌
ダイチョウキン
Escherichia coli

ヒトをはじめとする脊椎動物の腸に存在するグラム陰性桿(かん)菌.長さは約2 μm で,直径は約1 μm.ゲノムサイズは4.64 Mb(mega base pairs).1922年にジフテリア患者から分離された大腸菌K12株と,その改変株が,分子生物学領域で主として宿主として使われている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大腸菌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大腸菌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation