@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大臣(だいじん)【だいじん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

大臣(だいじん)
だいじん

普通、内閣の構成員(閣僚)をいう。歴史的には大宝令(たいほうりょう)による太政官(だいじょうかん)の長官、すなわち太政(だいじょう)大臣・左大臣・右大臣をいう。大臣(おおおみ)は始め臣(おみ)姓(かばね)の諸氏の代表者としてこれを統領する者に与えられた美称であったが、のちにこれが官名となり、政(まつりごと)を総攬(そうらん)する者をさすものとなった。明治維新の後も太政官(だじょうかん)制によったが、天皇親政のもとで太政(だじょう)大臣は天皇輔翼(ほよく)・庶政総判の任にあたる者とされた。

 1885年(明治18)内閣制度が樹立されると太政官制は廃止され、内閣総理大臣および外務・内務・大蔵・陸軍・海軍・司法・文部・農商務・逓信(ていしん)の各大臣をもって内閣が組織された。また、内閣を構成する大臣とは別に、皇室の事務について天皇を補佐する宮内大臣と、天皇の側近にあって諸般の下問に答える内大臣が存在した。1889年発布された明治憲法では、内閣総理大臣以下の国務各大臣は「天皇ヲ輔弼(ほひつ)シ其(そ)ノ責ニ任ス」(55条)と規定され、大臣は議会の信任とかかわりなく、天皇に対して責任を負うものとされ、その任免は天皇の権限であった。実際には元老の推薦というような慣習によって内閣総理大臣が任命されると、他の国務大臣は総理大臣の奏請に基づいて任命された。内閣制度の初期は藩閥政府のため薩長(さっちょう)出身者が大臣となることが多かったが、1898年大隈重信(おおくましげのぶ)が政党内閣を組織して以来、政党人が大臣になった。しかし、1932年(昭和7)の五・一五事件以降軍閥内閣への道をたどり、軍人で内閣総理大臣となる者が多くなった。

 第二次世界大戦後制定された日本国憲法では、主権在民が憲法の基本原理として宣言された。そして、内閣総理大臣は国会で選ばれ、その信任によって内閣が存続する議院内閣制が採用されたことで、大臣の地位も大きく変わることとなった。内閣総理大臣が他の国務大臣を任免するが、すべての大臣は文民でなければならず、その過半数は国会議員のなかから選ばなければならない。また大臣の定数は、内閣総理大臣を除き原則14人以内(特別に必要のある場合は17人以内)と定められている(内閣法2条)。大臣の公務員としての地位は特別職であり、その在任中は内閣総理大臣の同意がなければ訴追されない特権を有する。なお、国会における審議の活性化と政治主導の政策決定システムの確立を目的として制定された「国会審議活性化法」(1999)により政務次官が廃止され、新たに国務大臣を補佐するものとして副大臣および大臣政務官の制度が導入されている。

[小松 進]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大臣(だいじん)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大臣(だいじん)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation