@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大蔵流・大倉流【おおくらりゅう】

精選版 日本国語大辞典

おおくら‐りゅう おほくらリウ【大蔵流・大倉流】
〘名〙
① 能楽の囃子(はやし)の小鼓方(こつづみかた)の流派の一つ。流祖は金春禅竹の弟の大蔵九郎能氏。
② 能楽の同じく大鼓方(おおつづみかた)の流派の一つ。流祖は小鼓方と同じ。
③ 能楽の狂言方の流派の一つ。流祖は、金春禅竹の末子四郎次郎とも、玄恵(げんえ)法印ともいう。狂言のもっとも古い流派で、近世まで金春流の座付きとして活躍した。おもに彌右衛門または彌太郎と名乗ることが多い。現在では東京に大蔵・山本の両家、関西に茂山・善竹の両家がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大蔵流・大倉流」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大蔵流・大倉流の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation