@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大蛇【オロチ】

デジタル大辞泉

おろ‐ち〔をろ‐〕【大蛇】
《「ち」は霊威あるものの》非常に大きなうわばみだいじゃ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おろち【大蛇】[謡曲]
謡曲。宝生金剛喜多流。観世小次郎作。素戔嗚尊(すさのおのみこと)八岐大蛇(やまたのおろち)退治を脚色したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だい‐じゃ【大蛇】
大きなへび。おろち

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おろ‐ち をろ‥【大蛇】
[1] 〘名〙 (「ち」は霊威、霊威あるものの意) 非常に大きなへび。だいじゃ。うわばみ。
※古事記(712)上「是の高志の八俣(やまた)の遠呂智(ヲロチ)
[2] 謡曲。五番目物。宝生・金剛・喜多流。観世小次郎信光作。「古事記」「日本書紀」による。素戔嗚尊(すさのおのみこと)の八岐大蛇(やまたのおろち)退治を脚色。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だい‐じゃ【大蛇】
〘名〙 大きなへび。おろち。うわばみ。
※古事談(1212‐15頃)五「敵大蛇引卒若干之眷属来臨」
※古今著聞集(1254)二〇「夜中ばかりに大蛇来たれり。頭は獅子に似たり」 〔史記‐高祖本紀〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はは【大蛇】
〘名〙 (「はば」とも) だいじゃ。おろち。
※古語拾遺(807)「素戔嗚神、〈略〉天十握劔〈其名、天羽斬。今、石上神宮に在り。古語に大蛇、之を羽々(ハハ)と謂ふ。蛇を斬ると言ふなり〉を以て八岐の大蛇を斬りたまふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大蛇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大蛇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation