@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大謀網【だいぼうあみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大謀網
だいぼうあみ
台網類の一種。最も大型の魚網垣網と袋網から成り,袋網の側が4~8角形あるいは楕円形をなし,側面の一部に入網口がつく。文政年間から宮城,岩手を中心に普及し,北海道にまで及んだ。いわし,にしん,さば漁獲用に使用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だいぼう‐あみ【大謀網】
定置網の一。岸近くからにかけて張る垣網と、魚の入る網口をあけた楕円形の身網とからなり、沿岸を回遊するブリマグロイワシなどを捕る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいぼうあみ【大謀網】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だいぼうあみ【大謀網】
台網の一。垣網と袋網を組み合わせて定置するもの。袋網は楕円形または四角形で口が狭い。 → 大敷網おおしきあみ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大謀網
だいぼうあみ
網漁具のうち、定置網の一種で、台網類に含まれる。大謀網類は、魚捕部が楕円(だえん)形あるいは四角形に近く、魚群の入口となる開口部がその一部のみで、身網の全容積に対し非常に小さく、魚群の入りやすさよりも、入網した魚の出にくさに主眼があるところに特徴がある。揚網(ようもう)直前に開口部を閉じる前垂網のついたものが多い。大謀網は岩手県あるいは宮城県でおこり、日高式大謀網、上野式大謀網へと発達した。大謀網類に属するものには、いわゆる大謀網と呼称されるもののほか、各種の角(かく)網、中抜(なかぬけ)網などがある。現在では東北地方と北海道に各種の角網がわずかに残るだけとなっている。大謀網類は、とくに入網魚の逃逸防止の機構をもたないから、魚群の入網が知れたら、まず前垂網を引き上げ、網口を閉じなければならない。[笹川康雄・三浦汀介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だいぼう‐あみ【大謀網】
〘名〙 大型の定置漁網。建網類のうち台網類(台すなわち大浮標を設け、それを規準として固定する網)の一種で、垣網とふくろ網の二部から成る。沿岸の魚道に垣網をたて、それにより海岸から沖合に誘導した魚族をふくろ網に入れて捕獲する。明治二五年(一八九二)に発明された日高式大敷網を改良し、同四三年日高式大謀網が開発されて、代表的な大型定置網として普及した。ブリ・マグロ・イワシなどを捕る。
※復員殺人事件(1949‐50)〈坂口安吾〉二「ブリの大謀網でもうけたのを皮きりに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大謀網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大謀網の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation