@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大谷吉継【おおたによしつぐ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大谷吉継
おおたによしつぐ
[生]永禄2(1559)
[没]慶長5(1600).9.15. 関ヶ原
安土桃山時代の大名。刑部少輔。初め紀之介と称した。豊臣秀吉の小姓として信任を得,奉行となって,越前敦賀で5万石を領した。朝鮮の役に石田三成らとともに参加。秀吉没後,慶長5 (1600) 年関ヶ原の戦いで,西軍石田方として戦死

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

大谷吉継 おおたに-よしつぐ
1559-1600 織豊時代の武将。
永禄(えいろく)2年生まれ。豊臣秀吉につかえ,天正(てんしょう)17年越前(えちぜん)(福井県)敦賀(つるが)城主(5万石)となる。朝鮮出兵の文禄(ぶんろく)の役では,石田三成らと船奉行,督戦奉行をつとめ,のち明(みん)(中国)との交渉にあたる。関ケ原戦いでは西軍に属し,慶長5年9月15日敗れて自刃(じじん)。42歳。通称は刑部(ぎょうぶ),紀之介。名は別に吉隆。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おおたによしつぐ【大谷吉継】
1559‐1600(永禄2‐慶長5)
安土桃山時代の武将。はじめ紀之介と称する。豊臣秀吉に近侍し,賤ヶ岳,九州,小田原の戦に参加して軍功をあげ,陸奥地方の検地奉行,文禄の役での軍事監督等,軍事・行政両面において豊臣政権の中枢として活躍した。1585年(天正13)従五位下刑部少輔に叙任。89年越前敦賀5万石を領した。関ヶ原の戦では西軍に属し,東軍に内応した小早川秀秋に背後をつかれ戦死した。【高木 傭太郎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大谷吉継
おおたによしつぐ
(?―1600)

安土(あづち)桃山時代の武将。刑部少輔(ぎょうぶしょうゆう)。母は北政所(きたのまんどころ)の侍女。紀之介(きのすけ)といった早いころから豊臣(とよとみ)秀吉に近侍。賤ヶ岳(しずがたけ)合戦では七本鎗(やり)に匹敵する手柄をたてた。秀吉の信任厚く奉行(ぶぎょう)にもなり、1589年(天正17)に越前(えちぜん)(福井県)敦賀(つるが)5万石をあてがわれた。文禄(ぶんろく)・慶長(けいちょう)の役では石田三成(みつなり)らと軍監を務めた。関ヶ原の戦いでは、徳川家康の会津(あいづ)攻めに従うつもりで、敦賀から美濃(みの)(岐阜県)の垂井(たるい)まできたが、親友の石田三成に懇請され、敗戦覚悟で西軍に加わった。終始よく戦ったが、寝返りをした小早川秀秋(こばやかわひであき)の大兵に側背から攻撃を受け、奮戦のすえ陣没した。ハンセン病で目が見えず、駕籠(かご)に乗って戦闘を指揮したと伝える。

[岡本良一]

『二木謙一著『関ヶ原合戦』(中公新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおたに‐よしつぐ【大谷吉継】
安土桃山時代の大名。刑部少輔。秀吉に仕え、越前敦賀五万石を領する。文祿・慶長の役に出陣。関ケ原では石田三成に味方して戦死。永祿二~慶長五年(一五五九‐一六〇〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大谷吉継」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大谷吉継の関連情報

関連キーワード

エリザベス(1世)アンリアミヨガリア信仰告白コロンボピウス4世ベンティボリオアンリ(2世)黒点焼酎のルーツ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation