@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大連【おおむらじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大連
おおむらじ
大和朝廷の最高の官職の最有力者。大臣 (おおおみ) とともに国政をとった。初め物部氏が,のち大伴氏就任,以後両氏がこのについた。大伴金村失脚後は物部氏が独占したが,物部守屋滅亡後はおかれなくなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

大連
中国東北部遼東半島南端にある戸籍人口588万5千人の港湾都市。かつては日本の租借地で、南満州鉄道(満鉄)の本社が置かれた。1984年に沿海開放都市に指定され、外資進出が本格化。日本企業が外資全体の3分の1を占め、約17万人の現地雇用を生み出してきたとされる。現在でも満鉄が経営した「大連ヤマトホテル」(現・大連賓館)などの建物が活用されている。20万人以上が日本語を学んでいるといわれ、市中心部では地元テレビ局による中国最初の日本語放送もある。昨年10月時点の在留邦人は約6200人。
(2012-09-23 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

おお‐むらじ〔おほ‐〕【大連】
大和朝廷で、大化の改新以前に大臣(おおおみ)と並ぶ最高官。姓(かばね)をもつ氏族中の最有力者が就任。大伴物部氏が任ぜられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だいれん【大連】
中国遼寧省の工業・港湾都市。遼東半島の南端に位置する。1898年にロシアが租借、東洋経営の根拠地として建設し、ダルニーと命名。日露戦争後は日本の借地となり大連と改称第二次大戦後、旅順と合併して旅大市となったが、1981年に再び大連と改称。人口、政区325万(2000)。ターリエン。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおむらじ【大連】
大和朝廷の執政官。垂仁朝に物部十千根(とおちね)大連として初見するが,ほぼ5世紀後半の雄略朝から,大臣(おおおみ)とともに執政官を示す地位として成立した。《日本書紀》雄略即位前紀に平群真鳥(へぐりのまとり)を大臣,大伴室屋,物部目を大連に任じたといい,以後大伴金村,物部麁鹿火(あらかひ)・尾輿(おこし)・守屋がついた。大和の臣姓豪族をあてる大臣に対し,(むらじ)の姓を称し,朝廷の軍事的伴造(とものみやつこ)出身で,伴造の代表的地位にあった大伴氏,物部氏の2氏を世襲的に任用した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

たいれん【大連 Dà lián】
中国東北部遼寧省南部の遼東半島の先端にある省直轄市。人口532万(うち市部252万。1994)。旧名旅大。大連はもと青泥洼と呼ばれる小漁村にすぎなかった。19世紀半ば列強の中国侵略の進む中で注目され,日清戦争の際には日本軍が占領した。三国干渉のあと,1898年(光緒24)ロシア帝国は清朝から大連と旅順を租借し,大連を自由貿易港,旅順を軍港とした。このときニコライ皇帝の勅命によりダルニーDal’niiと命名された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おおむらじ【大連】
大和朝廷における最高執政官の称。連むらじの姓かばねの最有力者が任ぜられ、大伴・物部の二氏が世襲。大伴金村失脚後、物部氏が独占したが、六世紀末に物部守屋が蘇我馬子に殺されたため消滅。 → 大臣おおおみ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だいれん【大連】
中国、遼東半島南端の、渤海ぼつかいに臨む港湾都市。製鉄・造船・車両などの工業が発達。1898年ロシアが清から租借したが、日露戦争後日本の租借地となり、満州進出の拠点として発展。第二次大戦後中国に返還され、1950年旅順と合して旅大となったが、81年大連と改称。ターリエン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おお‐づれ おほ‥【大連】
〘名〙
① 多くの人数で連れ立つこと。
※俳諧・桜川(1674)春二「大つれも二人機嫌よ花見ざけ〈野夫〉」
② 狩りの用語で、五、六頭以上の鹿。
※弓張記(1450‐1500頃か)「大むれといふは、あまた鹿の行を云也。大つれともいふ。何もおなじ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おお‐むらじ おほ‥【大連】
〘名〙 大化前代の職制の一つ。連(むらじ)は伴造(とものみやつこ)的な豪族の姓(かばね)であり、物部、大伴氏などの有力者が、大臣(おおおみ)と並んで任命された。おおいむらじ。
※書紀(720)雄略即位前(寛文版訓)「大伴連室屋(もるや)・物部連目を以て、大連(オホムラシ)と為」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐れん【大連】
〘名〙 つれが多いこと。仲間が大勢つれだつこと。おおづれ。
※歌舞伎・木間星箱根鹿笛(1880)二幕「去年より大連で、藤岡の徳さんや竺仙さんも一緒でござりますよ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だいれん【大連】
(「たいれん」とも) 中国、遼東半島の南端に近い港湾都市。渤海に臨む。一八九八年ロシアが清から租借して港湾都市を建設、ダルニーと名づけた。のち、日露戦争後のポーツマス条約で日本の租借地となった。第二次大戦後中国に返還され、一九五〇年旅順とともに旅大市となったが八一年に大連市と改称。東北地区最大の商・漁港で重化学工業も発達している。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

大連
だいれん
Dàlián
中国,遼東半島の南部にある海港都市
もとは青泥窪 (せいでいわ) という一漁村にすぎなかったが,19世紀以降,英仏連合軍(1859),日本(1894)の占領をへて,1898年に旅順とともにロシアの租借地となり,ロシアはダルニーと命名し,港湾を建設した。日露戦争後,租借権は日本に移って大連と改称され,第二次世界大戦後,ソ連をへて中国に返還されるまで,日本の大陸経営の基地とされた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

大連
おおむらじ
大化の改新前の大和政権の最高官
連を姓 (かばね) とする最有力者が任命され,大臣 (おおおみ) と並び国政に参画。5世紀後半ごろから大伴・物部 (もののべ) 両氏が任じられた。大伴金村が半島経営の失政で失脚後,物部氏が独占。587年物部守屋が蘇我馬子に滅ぼされると大連は置かれず,大化の改新で廃止され,左右大臣・内臣 (うちつおみ) が置かれた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大連
だいれん
中国東北部,遼東半島先端にある港市
1905年日露講和条約により,日本の租借地となったが,'45年中国に返還された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大連」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大連の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation