@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大道具方【おおどうぐかた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大道具方
おおどうぐかた
歌舞伎の舞台装置を担当した大工職が,専門職として独立したとき,これを大道具方と呼び,彼らの組立てた装置を大道具と称した。大道具方は,定められた大道具帳 (舞台装置図) によって道具を作製し,配置から開演中の移動までを担当する。歌舞伎の場合は独特の舞台機構を駆使し,仕掛物 (特別の仕掛けのある道具) を扱うため,専門の技術を要した。江戸期から続く長谷川勘兵衛という専門職がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおどうぐ‐かた〔おほダウグ‐〕【大道具方】
大道具の製作・飾りつけなどを担当する人。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おおどうぐかた【大道具方】
大道具の製作・運用などを担当する者。大道具。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおどうぐ‐かた おほダウグ‥【大道具方】
〘名〙 歌舞伎の大道具を製作し、舞台の飾り付けや幕の開閉、回り舞台の操作、せり上げの綱引きなどを担当した者。現在は、新劇、映画、テレビなどの舞台装置を担当する者もいう。大道具。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大道具方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大道具方の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation