@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大部屋【おおべや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大部屋
おおべや
歌舞伎の下級役者が使用する楽屋,またはその階級の役者の別称。江戸時代の歌舞伎役者身分には名題,相中,中通り,下立役などがあり,名題以下の役者は楽屋3階の板の間に雑居していたので,こうした名称が生まれた。現在はここまで細分化された身分制度はないが,端役の俳優に対する呼び名としては,歌舞伎以外の他の演劇,映画界でも使用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おお‐べや〔おほ‐〕【大部屋】
大きな部屋。
劇場・映画撮影所の楽屋などにある、専用の控室を持てない俳優たちが雑居している部屋。また、その俳優。
病院で、大ぜいの患者が入院している広い部屋。
江戸時代、大名屋敷で、小者(こもの)火消し人足などの起居していた部屋

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおべや【大部屋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大部屋
おおべや

歌舞伎(かぶき)用語。楽屋の割り振り方は、俳優の階級や役柄によって定められていた。名題(なだい)より下級の俳優は個別の部屋をあてがわれることはなく、3階に設けられた板の間の大部屋に雑居した。「相中(あいちゅう)」「中通(ちゅうどお)り」などとよばれた下回りの俳優たちは、この大部屋で扮装(ふんそう)をした。そこで、これらの俳優のことを「大部屋」とよぶ習慣が生まれた。また、その場所から、「三階」「三階さん」の呼び名も行われた。場所が広いため、各種の行事や儀式、あるいは稽古(けいこ)などにもこの大部屋を使った。古くは大部屋の構造や形式に型があり、各劇場共通だったが、現在はとくに定まっていない。しかし、下回りの俳優をさす「大部屋」「三階さん」の呼称だけは、歌舞伎に限らず映画の分野でも使われている。

[服部幸雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おお‐べや おほ‥【大部屋】
〘名〙
① 大きなへや。
② 江戸時代、大名屋敷で、「臥煙(がえん)」と称した火消し人夫が起居していた大きな部屋。また、小者、人足などの詰めていた所。
※雑俳・柳多留‐初(1765)「御年貢を大部屋へ来てなし崩し」
③ 劇場などの楽屋にある、下級俳優たちが雑居している広い部屋。また、その下級の俳優。
※南水漫遊続編(1827頃か)三「楽屋大部屋と云ふ所に於て〈略〉盃事の儀式あり」
④ 病院で、ベッドの多い部屋。
※風花(1960)〈福永武彦〉「それは大部屋と呼ばれる療養所の病棟の一室で」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大部屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大部屋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation