@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大部【タイブ】

デジタル大辞泉

たい‐ぶ【大部】
《「だいぶ」とも》
一つの書物などの冊数や巻数の多いこと。また、そのページ数・紙数の多いこと。大冊。「大部の著作」「大部の書類」
大部分。ほとんど全部。「火災により古記録の大部を失う」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たい‐ぶ【大部】
〘名〙 (「だいぶ」とも)
① 書物の一部の冊数が多いこと。また、紙数・ページ数の多いこと。大冊。〔文明本節用集(室町中)〕
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉緒方の塾風「是れは中々大部(タイブ)なもので、日本の紙で凡そ三千枚ある」 〔梁高僧伝〕
② 大部分。あらかた。
※筆まかせ(1884‐92)〈正岡子規〉一「競走は道具がなくてもまた誰にでも出来る者故学校の運動と来てはこれが大部をしむる也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大部」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大部の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation