@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大里(沖縄県)【おおざと】

日本大百科全書(ニッポニカ)

大里(沖縄県)
おおざと

沖縄県沖縄本島南部、島尻(しまじり)郡にあった旧村名(大里村(そん))。現在は南城市(なんじょうし)の北西部を占める地域。方音ウフサト。旧大里村は1949年(昭和24)与那原(よなばる)町を分離。2006年(平成18)玉城(たまぐすく)村、知念(ちねん)村、佐敷(さしき)町と合併、市制施行して南城市となった。旧村域の東側に、南北に走る新期石灰岩の大里台地があるほかは小起伏の地形で、糸満(いとまん)市と与那原町を結ぶ県道が中央部を走る。14世紀、三山分立時代、南山正統の2代目承察度(しょうさっと)の叔父汪英紫(おうえいし)は、馬天(ばてん)港を修築し、対明(みん)貿易を行い、大里を発展させたが、中山(ちゅうざん)の尚巴志(しょうはし)に滅ぼされた。第二次世界大戦前からの純農村。稲嶺(いなみね)、平良(たいら)地区は南アメリカへの移民が多い。現在、サトウキビを主幹作物として、畜産や野菜生産も盛ん。三山時代の南山系の大里城跡がある。また14世紀ころの城主であった大城按司(あんじ)の墓が県の文化財となっている。

[堂前亮平]

『『大里村史 通史編』『大里村史 資料編』(1982・大里村)』『『大里村史 移民本編』『大里村史 移民資料編』(2003・大里村)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大里(沖縄県)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大里(沖縄県)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation