@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大量生産【たいりょうせいさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大量生産
たいりょうせいさん
mass production
限られた品種製品を大量に生産する生産組織形態。大量生産方式は,オートメーションを中心とする高度の生産設備のもとで,生産工程を単純化,合理化することによって,コストの引下げ,生産物の質の改善など,生産性向上に大きく寄与する。大量生産方式が発展したのは,大衆の所得水準の向上に伴う大量消費によって,注文生産的市場から市場生産的市場へと,市場構造が変化したことによる。経済の発展段階が生産財中心の時代には,プラント設備,重電機,造船など注文生産的市場の比重が高かったが,大量消費時代の到来とともに,消費財を中心に大量生産方式が発達した。 1910年代のアメリカでフォード・モーター社が行なったT型フォードの大量生産,第2次世界大戦後の日本で始った家庭電気製品,自動車などの大量生産は,その例である。また消費財面での大量生産方式の確立は,その生産設備のもととなる鉄鋼,機械などの生産財,資本財部門での大量生産を誘発した。大量生産方式は見込生産であるため,生産過剰に陥る危険性があり,市場動向調査に基づく計画的な生産管理が,近年では一般に行われている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たいりょう‐せいさん〔タイリヤウ‐〕【大量生産】
機械力によって、規格化・標準化された製品を大量に生産すること。量産マスプロダクション

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいりょうせいさん【大量生産】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たいりょうせいさん【大量生産】
同質同形の製品を同時に大量につくりだすこと。量産。マスプロダクション。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たいりょう‐せいさん タイリャウ‥【大量生産】
〘名〙 機械力を導入したり、組織的、計画的な生産様式によったりして一種類の生産物を大量に生産すること。生産工程の分化や労働者の作業を単純化する。これによって、コストの低減、生産性の向上が期待できる。マスプロダクション。マスプロ。
※女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉八「食物、食器等の不潔は程度を過ぎた大量生産によるものであって」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大量生産」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大量生産の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation