@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大阪会議【おおさかかいぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大阪会議
おおさかかいぎ
1875年1~2月,参議伊藤博文在野の前大蔵大輔井上馨周旋により,参議大久保利通と在野の木戸孝允板垣退助らが大阪において行なった一連の秘密政治会談のこと。その結果,将来国会を開く準備として元老院を設けること,裁判の基礎を強固にするため大審院を設けること,民意を疎通するため地方官会議を興すこと,および内閣と各省すなわち参議とを分離することで合意をみ,木戸板垣は再び参議として政府に復帰することになった。これにより,征韓論以後次第に弱体化しつつあった政府は一応その補強に成功し,4月にはこの会議の成果をふまえたが発布され,元老院,大審院の創設,地方官会議の召集立憲政体の漸次採用が宣言された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

大阪会議
征韓論をきっかけに政治が混乱していた1875(明治8)年、対立していた大久保利通、木戸孝允、板垣退助が、井上馨や伊藤博文らの仲介によって「加賀伊」で会談。最終的に元老右大審右地方官会議を設置し、段階的に立憲政体を構築することが決まった。
(2011-05-07 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

おおさか‐かいぎ〔おほさかクワイギ〕【大阪会議】
明治8年(1875)、参議大久保利通伊藤博文が、征韓論などをめぐって辞職した木戸孝允板垣退助に参議復職を求めた会議。立憲体制への漸次的移行妥協成立、二人の復帰が決まった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおさかかいぎ【大阪会議】
1875年1月から2月に,大阪で開かれた政府指導層間の会談。征韓論による政府内部の対立のため,西郷隆盛,板垣退助らが下野し,次いで参議木戸孝允も台湾出兵などに反対してその職を辞した。こうして〈有司専制支配を固めて,政権土台を確立しようとしていた参議・内務卿大久保利通の地位は孤立した。そのころ高まってきた農民一揆や自由民権運動のなかで,参議井上馨,伊藤博文らは事態を憂慮し,木戸や当時自由民権家となった板垣と大久保を和解させ,政府権力の強化をはかろうとした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おおさかかいぎ【大阪会議】
1875年(明治8)1月から二月にかけて、参議大久保利通が在野の木戸孝允・板垣退助と大阪で政府改革について行なった協議。この結果、漸進的立憲主義が国是となり、元老院・大審院・地方官会議などが設置され、木戸・板垣は参議に復帰した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大阪会議
おおさかかいぎ
1875年(明治8)1月から2月にかけて、大久保利通(としみち)、木戸孝允(たかよし)を中心に板垣退助(たいすけ)、伊藤博文(ひろぶみ)が加わり大阪で行われた会議。73年10月の政変、74年の民撰(みんせん)議院設立建白、佐賀の乱、台湾出兵などによって大久保を中心とした政府は孤立したが、大久保はこの窮状を打開するために、先に下野した木戸の政府復帰を望み、伊藤や井上馨(かおる)がこの間を斡旋(あっせん)して板垣をも参加させる形でこの会談にこぎつけた。会議は、元老院・大審院の創設、地方官会議の開催、これまで兼任制であった参議と省の卿(きょう)とを分離させるなどの政体改革構想で合意に達し、木戸、板垣は参議に復帰した。4月、立憲政体漸次樹立の詔書が出され、参議省卿の分離問題を除く大阪会議の合意事項が実現されていった。しかし改革の実施過程で対立が起こり、とくに板垣は他の大臣、参議と対立して10月に辞職した。大阪会議の結果、政府は安定度を増し、地租改正事業その他に本格的に着手することが可能となった。[原口 清]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

大阪会議
おおさかかいぎ
1875(明治8)年1〜2月,征韓論などで分裂し危機にひんした政局打開のため,大久保利通が木戸孝允 (たかよし) ・板垣退助らと大阪で会い,政策の妥協をはかった会議
政府強化のため,木戸(台湾出兵反対で下野)・板垣(征韓論で下野)の参議復帰を求め,そのかわりに元老院・地方官会議を設け国会開設の準備を進める,大審院を設置するなどの立憲政体への漸次移行の方針が確認された。この結果,1875年3月木戸と板垣は参議に復帰し,4月「立憲政体樹立の詔」が発せられた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大阪会議」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大阪会議の関連情報

関連キーワード

フランス共和国憲法国民議会チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ジェームズトンガ貿易銀ポピュリスト党ロダンワッパ一揆ゴシケビッチ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation