@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大雄【たいゆう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大雄
たいゆう
秋田県南東部,横手市西部の旧村域。雄物川中流右岸,横手盆地のほぼ中央に位置する。 1955年田根森村と阿気村が合体して大雄村が発足。同年館合村の一部を編入。 2005年横手市,増田町,平鹿町,雄物川町,大森町,十文字町,山内村の7市町村と合体して横手市となった。全域が沖積地にあり,米の単作地帯で,稲作栽培技術は全国有数の高水準。ホップの栽培も行なわれる。西部では燃料用の泥炭を産する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいゆう【大雄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大雄
たいゆう
秋田県南部、平鹿郡(ひらかぐん)にあった旧村名(大雄村(むら))。現在は横手市の中北部を占める地域。旧大雄村は、1955年(昭和30)田根森と阿気(あげ)の2村が合併して誕生。2005年(平成17)増田、平鹿、雄物川(おものがわ)、大森、十文字(じゅうもんじ)の5町および山内村(さんないむら)とともに横手市に合併。雄物川右岸の横手盆地に位置し、地域はほとんどが耕地で、稲作中心の農業からホップ、葉タバコ、ミツバ、ニンニクの栽培が行われる。高津野(たかづの)地区では工業団地が造成され企業誘致がなされた。県内有数の豪雪地帯で積雪量2メートルに達する。[宮崎禮次郎]
『『大雄村史』(2001・大雄村)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大雄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大雄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation