@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大雨【タイウ】

デジタル大辞泉

たい‐う【大雨】
おおあめ。豪雨

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐さめ【大雨/甚雨】
おおあめ。ひどい
「大風―にらず」〈武烈紀〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おお‐あめ〔おほ‐〕【大雨】
大量に降る雨。「大雨注意報」⇔小雨(こさめ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おお‐あめ おほ‥【大雨】
〘名〙 ひどく大量に降る雨。豪雨。「大雨洪水注意報」
※和泉式部集(11C中)上「おほあめのあした、宵はいかがと宮よりある御返事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐う【大雨】
〘名〙 ひどく降る雨。豪雨。おおあめ。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※羅葡日辞書(1595)「Procellosus〈略〉タイフウ、taivno(タイウノ) シゲキ トコロ、または taiv(タイウ) ヲ シゲク サスル モノ」 〔春秋左伝‐隠公九年〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐さめ【大雨】
〘名〙 (「ひちさめ」の変化した語。「ひっさめ」の促音の無表記形か) =ひちさめ(大雨)
※書紀(720)武烈八年三月(図書寮本訓)「大風甚雨(ヒサメ)に避らず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひため【大雨】
〘名〙 「ひちさめ(大雨)」の変化した語。
※書紀(720)垂仁五年一〇月(北野本訓)「復大雨(ひさめ)(〈別訓〉ヒタメ 私)、狭穂より、発(ふ)り来(き)て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひち‐さめ【大雨】
〘名〙 (「ひち」は「ひつ(漬)」の連用形か。「ひぢさめ」とも) びっしょり濡れる雨。おおあめ。また、冷たい雨。ひさめ。ひため。
※書紀(720)崇峻即位前(図書寮本訓)「雷鳴り大雨(ヒチサメふ)る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひじ‐さめ ひぢ‥【大雨】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大雨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大雨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation