@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大頭【オオアタマ】

デジタル大辞泉

おお‐あたま〔おほ‐〕【大頭】
大きな頭。また、頭の大きな人。
主だった人々。かしら分。
「―連中にも、賭博(ばくち)をやる、国家の機密を握って相場をやる」〈蘆花黒潮
金持ち。
「向うは―ですから」〈漱石吾輩は猫である

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おお‐がしら〔おほ‐〕【大頭】
旗ざおの先に飾る、黒毛の牛馬の尾や墨染めの苧(お)を束ねて垂らしたもの。即位・禊(みそぎ)などの儀式に使用。おにがしら。大纛(たいとう)。
ある集団の全体を統率する長。→小頭(こがしら)
キツツキ目オオガシラ科の鳥の総称。頭が大きく、ずんぐりして見え、ゴシキドリに似る。約30種が熱帯アメリカに分布。アメリカ五色鳥。
幕下力士の称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だい‐がしら【大頭】
幸若舞(こうわかまい)の流派の一。室町末期から江戸初期にかけて栄えた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おおがしら【大頭】
多人数の集団の長。 → 小頭こがしら
儀仗の旗の竿の先につける、旄牛ぼうぎゆう=ヤクの尾の黒毛のふさ。のちには牛や馬の毛、黒染めの苧を用いた。鬼頭おにがしら。大纛たいとう -などいひて、例のおそろしげに筋ふとき紙縒りて/栄花 著るは佗し

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だいがしら【大頭】
幸若舞こうわかまいの一派。山本四郎左衛門を流祖とする。室町末期から江戸初期に盛行。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

大頭 (オオガシラ)
動物。オオガシラ科に属する鳥の総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おお‐あたま おほ‥【大頭】
〘名〙
① 大きな頭。また、頭の大きい者。〔書言字考節用集(1717)〕
② 大勢の人の中のかしら。
※雑俳・柳多留‐六(1771)「御子孫は西の国でも大あたま」
③ 金持。富豪。また、有力者。おおつぶり。
※黄表紙・浮世操九面十面(1792)「己こそ金持だ金貸だと云はぬばかりの飛んだ大面な面を被って、〈略〉。何の事はない張子の大頭(おほあたま)があるくやうなり、是より金持の事を大頭(オホアタマ)と云ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おお‐がしら おほ‥【大頭】
〘名〙
① 儀杖の幡の竿留(さおどめ)の飾りとする旄牛(ぼうぎゅう)の総(ふさ)。後世は代用として馬の尾毛、または墨染の苧(お)を束ね垂らすもの。御即位や御禊(みそぎ)などの時に用いる旗の一種。節(せち)の旗。纛(とう)。おにがしら。
※栄花(1028‐92頃)著るはわびしと嘆く女房「大頭などいひて、例の恐しげに筋ふとき紙縒(よ)りかけて」
② 多人数の集団の長。⇔小頭(こがしら)
※仮名草子・清水物語(1638)下「こがしらは、大がしらをおもんじ、大がしらは家老をおもんじ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だい‐がしら【大頭】
〘名〙 (「だいかしら」とも)
① 幸若舞の座の一つ。流祖とされる山本四郎左衛門は、室町末期の天文年間(一五三二‐五五)頃を中心に活躍している。この座は室町末期から江戸初期にかけて栄えたが、間もなく衰え、歌舞伎に吸収された。現在、福岡県山門郡瀬高町大江に伝わる幸若舞は、室町末期にこの流れの者が伝えたものという。
※言継卿記‐天文一四年(1545)六月四日「次山本 号大頭 藤井・彦四郎三人曲舞」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大頭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大頭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation