@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大食【タージー】

デジタル大辞泉

タージー(〈ペルシア〉Tāzī)
時代の中国人がアラビアおよびアラビア人に対して用いた呼称。広くイスラム教徒をよぶのにも用いた。
[補説]「大食」とも書く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐しょく【大食】
[名](スル)
普通以上にたくさん食べること。また、その人。おおぐい。「体格のわりには大食する」「無芸大食」⇔小食
タージー

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいしょく【大食 Dà shí】
唐・宋時代の中国人が,狭義にはアラブ,広義にはイスラム教徒を呼んだ名称で,大寔(だいしよく),多氏(たし),大石(たいせき)などとも記される。本来はペルシア語でアラビア人を示すタージークTāzīk∥Tājīk,タージーTāzīの音訳であったが,アラブの征服以降のペルシア人イスラム教徒もこの名で呼ばれるようになり,またトルコ族がペルシア人を示す語としてこのタージークを用いたことから,イスラム教徒一般をも意味するようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

タージー【大食】
ペルシャ Tāzī を音訳したもの
中国で、唐・宋時代アラビア人をいう呼称。広義にはイスラム教徒をさす。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たいしょく【大食】
スル
たくさん食べること。また、その人。おおぐい。 ⇔ 小食 無芸-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おお‐ぐい おほぐひ【大食】
〘名〙 (形動) たくさん物を食うこと。また、そのような人。たいしょく。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)五「大ぐいをする大食の人ぢゃほどに」
※それから(1909)〈夏目漱石〉九「ああ大食(オホグヒ)をして寐て許(ばかり)ゐちゃ毒だ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おお‐ぐらい おほぐらひ【大食】
〘名〙 食物をたくさん食べること。また、その人。おおぐい。
※玉塵抄(1563)二三「能もなく徳もなうて、俸祿をうけて大ぐらいしてこえひぢらいて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐しょく【大食】
〘名〙 食べものを普通以上に多量に食べること。たくさん食うこと。また、その人。おおぐい。おおぐらい。多食。
※玉葉‐治承五年(1181)三月一〇日「伝聞、前大将、有食癖之病云々、或云、不然、天性大食之人云々」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉九「文学を進歩せしむるの道は文学者が大食して胃を悪くするにありと云ふ様な」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

大食
タージー
Tāzi(Tāzik)
唐〜宋代の中国人がアラビアおよびアラビア人に対して用いた呼称。大石・大寔・多氏とも書く
イスラーム帝国全体をも意味し,特にアッバース朝黒衣大食,後 (こう) ウマイヤ朝白衣大食と称した。イスラーム化したイラン人もタージーと呼ばれた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

大食
 →病的飢餓

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

大食
たいしょく

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大食」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大食の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation