@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大首絵【おおくびえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大首絵
おおくびえ
浮世絵のうち,美人役者上半身や顔を大きく描写した絵。人物表現の極致として現れ,東洲斎写楽喜多川歌麿など中期浮世絵師の作品に多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おおくび‐え〔おほくびヱ〕【大首絵】
浮世絵版画の一形式。人物の上半身を大きく、その表情を特に強調して描いたもの。写楽役者絵歌麿の美人画などが有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おおくびえ【大首絵】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大首絵
おおくびえ

浮世絵の用語。美人や役者などの人物を胸像の構図で描いた作品。とくに顔面だけを大きく描いたものを区別して、大顔絵(おおがおえ)とよぶ説もある。その初期は、錦絵(にしきえ)が完成される以前の享保(きょうほう)年間(1716~17
36)ごろとされるが、作例はきわめて少ない。多くみられるようになるのは安永(あんえい)年間(1772~1781)ごろからで、浮世絵終焉(しゅうえん)期の明治年代に至るまで多くの絵師によって描かれた。そのなかでも、役者絵では、勝川春草(かつかわしゅんそう)をはじめとする勝川派の絵師や東洲斎写楽(とうしゅうさいしゃらく)、歌川豊国(とよくに)、歌川国政(くにまさ)などが知られ、美人画では喜多川歌麿(うたまろ)、細田栄之(えいし)、栄松斎長喜(えいしょうさいちょうき)などが名作を残している。

[永田生慈]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおくび‐え おほくびヱ【大首絵】
〘名〙 浮世絵版画の一つ。役者、美人などの顔を強調して大きく描いた一枚摺り。歌川豊国、東洲斎写楽の作品が有名。大首。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

大首絵
おおくびえ
人物画の手法の一つ
美人画・役者絵などで,容貌を中心にして画面構成されたものをいう。江戸後期の浮世絵で喜多川歌麿は美人画に,東洲斎写楽は役者絵にこれを用いて有名。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大首絵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大首絵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation