@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大鵬【たいほう】

知恵蔵mini

大鵬
元大相撲力士。本名は納谷幸喜(なやこうき)。1940年5月29日、サハリン(旧樺太)生まれ。ウクライナ人の父がソ連当局に捕らえられ、5歳で母の故郷・北海道に渡る。56年に二所ノ関部屋に入門し、60年の初場所で新入幕。61年の秋場所後、21歳3カ月の最年少記録(当時)で第48代横綱に昇進を果たす。以後、ライバルの柏戸と「柏時代」といわれる相撲の黄金時代を築き、当時の子どもたちの好きなものを挙げた「巨人、大鵬、卵焼き」という流行語が生まれるほどの国民的人気を博した。71年の夏場所で引退後、日本相撲協会から贈られた一代年寄「大鵬」を襲名。大鵬部屋を興して元関脇巨砲らを育て、80年より日本相撲協会理事、2005年より相撲博物館館長を務めた。13年1月19日、心室頻拍のため死去。享年72。幕内通算746勝144敗136休、生涯戦績872勝182敗136休。幕内優勝は歴代最多の32回。現役時代の身長は1メートル87センチ、体重は153キロ。04年に紫綬褒章、09年に文化功労賞受賞を受賞。
(2013-1-21)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たい‐ほう【大×鵬】
古代中国想像上大鳥。「荘子」逍遥遊によれば、鯤(こん)というが化したもので、三千里に達し、一飛びに9万里ものぼるという。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

たいほう【大鵬】
愛媛の日本酒。蔵元は「前谷酒造」。現在は廃業は四国中央市三島宮川にあった。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいほう【大鵬】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たいほう【大鵬】
荘子 逍遥遊 中国における想像上の大鳥。おおとり。鵬ほう
賢者のたとえ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たい‐ほう【大鵬】
〘名〙 (「たいぼう」とも)
① 「荘子‐逍遙遊」などに見える古代中国の想像上の大鳥。鯤(こん)という魚の化したもので、その翼の径は三千里もあるといい、一とびに九万里ものぼるという。おおとり。鵬。
※性霊集‐一(835頃)遊山慕仙詩「鸞鳳梧桐集、大鵬臥風床」 〔張華‐鷦鷯賦〕
② 賢者のたとえ。
※本朝無題詩(1162‐64頃)七・月夜宿 海浜〈藤原明衡〉「莫嘲頑陋逍遙趣、低鷃不大鵬」 〔李白‐大鵩賦序〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大鵬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大鵬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation