@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

大黒屋光太夫【だいこくやこうだゆう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

大黒屋光太夫
だいこくやこうだゆう
[生]宝暦1(1751)頃.伊勢
[没]文政11(1828).4.15. 江戸
江戸時代ロシアに漂流した船頭。幸太夫とも書く。大黒屋はその屋号。また,養子に入り亀屋兵蔵と称したこともある。天明2 (1782) 年 12月,伊勢の白子から江戸への航行中,駿河灘で台風にあい,7ヵ月余漂流を続けて翌年夏,アリューシャン列島のアムチトカ島に着き,4年後,カムチャツカ半島に渡り,のち帰国を願ってシベリアを西行し,1791年首都ペテルブルグにいたり,女帝エカテリーナ2世 (大帝)謁見寛政4 (1792) 年遣日使節 A.ラクスマンに連れられて帰国し,将軍家斉に見した。『北槎聞略 (ほくさぶんりゃく) 』は彼のロシア在留の記録を桂川甫周がまとめたものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だいこくや‐こうだゆう〔‐クワウダイフ〕【大黒屋光太夫】
[1751~1828]江戸中期の船頭伊勢の人。名は幸太夫とも書く。天明2年(1782)米を江戸に回漕(かいそう)中に暴風にあい、アリューシャン列島アムチトカ島に漂着。ロシアに10年間滞留し、エカチェリーナ2世に謁見。その時の記録に「北槎聞略(ほくさぶんりゃく)」がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

大黒屋光太夫 だいこくや-こうだゆう
1751-1828 江戸時代中期-後期の漂流民。
宝暦元年生まれ。伊勢(いせ)(三重県)の神昌丸船頭。天明2年江戸にむかう途中遭難しアムチトカ島に漂着。ロシアの首都ペテルブルグでエカテリーナ2世に謁見,寛政4年ラクスマンにともなわれ根室に帰着。江戸で取り調べののち番町薬園に生涯とめおかれた。桂川甫周(ほしゅう)の「北槎聞略(ほくさぶんりゃく)」は光太夫の見聞録。文政11年4月15日死去。78歳。名は幸太夫ともかく。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

だいこくやこうだゆう【大黒屋光太夫】
1751‐1828(宝暦1‐文政11)
江戸後期の漂流者。幸太夫とも書く。伊勢国亀山藩領南若松村(現,三重県鈴鹿市)亀屋四郎次の子。兵蔵といったらしいが,父方親戚の家を継ぎ大黒屋光太夫と改めた。木綿商売を営む。天明2年12月(1783年1月)白子(しろこ)港の廻船神昌丸に木綿,米などを積んで江戸に向かう途中難船し,8ヵ月後アレウト(アリューシャン)列島のアムチトカ島に漂着した。87年ロシアの毛皮商の手代に連れられてカムチャツカに渡り,チギリ,オホーツク,ヤクーツクを経て,89年2月イルクーツク着。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

大黒屋光太夫
だいこくやこうだゆう
(1751―1828)

ロシアから帰国した江戸後期の漂流民。伊勢(いせ)国河曲(かわわ)郡南若松村(三重県鈴鹿(すずか)市)の商家に生まれる。幸太夫とも書き、同村の亀屋の養子となり兵蔵を名のったともいう。1782年(天明2)12月伊勢白子(しろこ)浦の彦兵衛持ち船神昌丸の船頭として同浦を出船し江戸に向かったが、途中暴風にあい、翌年アリューシャン列島のアムチトカ島に漂着した。ロシア人に救助され、アムチトカ島、カムチャツカ、イルクーツクで暮らし、1791年ペテルブルグでエカチェリーナ2世に拝謁し、帰国を嘆願した。翌92年(寛政4)遣日使節アダム・ラクスマンに伴われて帰国の途につき、9月3日蝦夷(えぞ)地根室(ねむろ)に入港した。翌年江戸に送られ、取調べや審問を受けたのち、江戸城内吹上御苑(ふきあげぎょえん)に召し出され、将軍家斉(いえなり)はじめ、老中松平定信(さだのぶ)以下諸臣列座のもとにロシア事情について質問された。光太夫の話をまとめたものとしては、篠本廉の筆録にかかる『北槎異聞(ほくさいぶん)』や将軍の侍医桂川甫周(かつらがわほしゅう)がまとめた『北槎聞略(ぶんりゃく)』『漂民御覧之記』が著名である。光太夫は幕府の番町薬園内で後半生を送り、文政(ぶんせい)11年4月15日に没した。

[小林真人]

『亀井高孝著『大黒屋光太夫』(1964・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

大黒屋光太夫
だいこくやこうだゆう
1751〜1828
江戸後期の伊勢(三重県)の船頭
「幸太夫」とも書く。1782年,廻米のため伊勢から江戸へ航行中,嵐にあいカムチャツカに漂着。ロシア本国に送られペテルブルク(サンクトペテルブルク)で女帝エカチェリーナ2世に謁見。'92年使節ラクスマンの来日の際帰国した。『北槎聞略 (ほくさぶんりやく) 』はそのときの記録。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大黒屋光太夫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

大黒屋光太夫の関連情報

関連キーワード

ボルテール宝暦怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)瀬川菊之丞一条兼香大島蓼太田中藤六上杉治憲中村流天降言

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation