@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天井川【てんじょうがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

天井川
てんじょうがわ
raised bed river
堤防内に砂礫堆積し,周囲の土地よりも河床が高くなった河川扇状地堤防をつくって流路を固定すると,砂礫はその内部にだけ堆積するので,河床は急速に上昇し,既存の堤防では間に合わなくなる。砂礫の堆積と堤防のかさ上げの悪循環によって形成されるともいえる。六甲,比良山麓や甲府盆地などにみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てんじょう‐がわ〔テンジヤウがは〕【天井川】
堤防内に多量の土砂が堆積(たいせき)し、川床が付近の平野面より高くなった川。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てんじょうがわ【天井川】
河床が周囲の平野面より高い河川をいう。河川が山地から平地に流出するとき,特に扇状地では河道の移動が著しく,はんらんして多量の砂礫を周囲に堆積させるので,耕地などをはんらんから守るために河道を堤防で固定すると,堤外地(河道側)に砂礫の堆積が進み,河床が高くなってはんらんの危険性が高まる。さらに堤防を高くしても河床の上昇は続くので,その後も堤防のかさ上げが必要となり,周囲の平野面よりも河床が高い河川が形成される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てんじょうがわ【天井川】
河床がそのまわりの土地よりも高くなった河川。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

天井川
てんじょうがわ
河床の高さが周囲の平野面より高くなった川。平野部で洪水を防ぐ目的で堤防を建設し、河道を固定化すると堤防間の河道で堆積(たいせき)が進み、平野への氾濫(はんらん)を防ぐために堤防をかさ上げするためにさらに河床が高まる。扇状地や背後に崩れやすい岩石からなる山地を有する川は荷重が多く、このような人工的地形をつくりやすい。富山県の常願寺川、滋賀県の草津川と愛知(えち)川などは好例で、中国の黄河では最大比高が10メートルに達する。山茂美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんじょう‐がわ テンジャウがは【天井川】
〘名〙 河床が周囲の平地よりも高くなった河川。ふつう高い堤防を築くと土や砂が堆積して生じる。滋賀県の安曇(あど)川・日野川など。
※俳諧・一言俳談(1709)「既に咽ふえあやうかりけり 天井川わたれば髭に波かへる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天井川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天井川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation