@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天体の回転について【てんたいのかいてんについて】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

天体の回転について
てんたいのかいてんについて
De revolutionibus orbium coelestium; On the Revolutions of the Celestial Spheres
コペルニクス主著。全6編から成っていて,第1編で地球は球であって運動していることを示すとともに,球面三角法についての論述と星の表が記されている。第2編では黄道,第3編では歳差と太陽の視運動,第4編で月,第5,第6編で惑星について記している。出版されたのはコペルニクスの没年 (1543) であった。この本は,プトレマイオスの『アルマゲスト』に大成されていた天動説体系 (→天動説 ) に対して,地動説を提示した歴史的意義をもつものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天体の回転について」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天体の回転についての関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation