@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天声人語【テンセイジンゴ】

デジタル大辞泉

てんせい‐じんご【天声人語】
朝日新聞の朝刊1面に掲載されているコラム。明治37年(1904)から続き、特定論説委員匿名で執筆する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

天声人語
1904(明治37)年1月5日、大阪発行紙面に初めて掲載された。中断改題を経て45(昭和20)年9月6日、天声人語ので復活し、67年間続いている。現在は603文字分のスペースに、五つの「▼」で区切った六つの段落で構成。論説委員2人が交代で執筆している。書き写しノートはA4判で、1冊1カ月分。スクラップを貼る欄の下に603文字分のマス目がある。お近くの朝日新聞販売所(ASA)で、3冊(税込み630円)から。大手書店、文具店でも販売している。
(2012-08-11 朝日新聞 朝刊 奈良全県 2地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

天声人語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天声人語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation