@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天守閣【てんしゅかく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

天守閣
てんしゅかく
日本の城郭本丸の中心となる (やぐら) ,天守望楼の発達したものと考えられ,室町時代末期から造られた。矢狭間石落しなどを備え,また短期間籠できる設備を施したものもある。大きな城では,大天守小天守をもつものもある。単なる軍事施設ではなく,城下町の造形的核心であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てんしゅかく【天守閣】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てんしゅかく【天守閣】
天守に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

天守閣
てんしゅかく
城郭にあって本丸の要所に建つ。天守、天主、殿守(でんしゅ)ともいう。城中における最高の櫓(やぐら)で、城主の指揮所として中枢の位置を占めるとともに、接見・物見・貯蔵の機能をあわせもつ。1520年(永正17)摂津(兵庫県)伊丹(いたみ)城にあった天守をその始まりというが、尾張(おわり)(愛知県)楽田(がくでん)城天守を古いとする説もある。現存する天守のうち、最古のものは1576年(天正4)の福井・丸岡(まるおか)城天守、最大のものは五重六階、地下一階の兵庫・姫路(ひめじ)城大天守である。[工藤圭章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんしゅ‐かく【天守閣】
〘名〙 =てんしゅ(天守)
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉後「額をかすめて直立して居るのが天守閣」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

天守閣
てんしゅかく
城郭の中心である本丸にある高層楼閣
「天主」とも書く。天守は城主の居館の上に望楼を載せたものから発展。城の最後の拠点であるから周囲がよく見え,威厳を示しうるような高層で,中は倉庫として兵器・弾薬を貯蔵し,井戸もある。天守の語の初見は摂津(兵庫県)伊丹城という。上層梵天帝釈の天主を祭ったのでその名があるとする宗教的解釈もあるが,天下の中心である領国支配の拠点と解すべきである。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てんしゅ‐かく【天守閣】
天守」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天守閣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天守閣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation