@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天安【テンアン】

デジタル大辞泉

てんあん【天安】
平安初期、文徳天皇清和天皇の時の年号。857年2月21日~859年4月15日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てんあん【天安 Ch‘ŏnan】
韓国,忠清南道北部の都市。人口33万4800(1995)。牙山湾沿岸につらなる礼唐平野,安城平野など広い平野地帯の中央に位置する。幹線鉄道である京釜線から,安城線,長項線が分岐する鉄道交通上の要駅があり,また京釜高速道路から公州,礼山など忠南地方各地へ通ずる道路交通上の要衝である。稲作果樹畜産など各種農業を営む農村背景とする商業中心地として発達している。近郊に百済の時から温井の名で知られた韓国三大温泉の一つ温陽温泉がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てんあん【天安】
年号(857.2.21~859.4.15)。斉衡の後、貞観の前。文徳もんとく・清和天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

てんあん【天安】
日本の元号(年号)。平安時代の857年から859年まで、文徳(もんとく)天皇、清和(せいわ)天皇の代の元号。前元号は斉衡(さいこう)。次元号は貞観(じょうがん)。857年(斉衡4)2月21日改元。常陸(ひたち)国(茨城県)から木連理(もくれんり)(理連木、2本の木が結びついて1本の木になったもの)、美作(みまさか)国(岡山県東北部)から白亀が献上されたことを祥瑞(しょうずい)として行われた(祥瑞改元)。元号名の出典は不詳。857年(天安1)、藤原良房(よしふさ)が人臣初の太政大臣に任じられた。翌年に文徳天皇が崩御し9歳の清和天皇が即位、外祖父の良房が後見に就いた。◇「てんなん」とも読む。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てんなん【天安】
⇒天安(てんあん)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

天安
てんあん / チョンアン
韓国(大韓民国)、忠清南道の北東部に位置する都市。面積636.45平方キロメートル、人口41万5818(2000)。1963年、邑(ゆう)(町)から市に昇格。95年、天安郡と統合。ビニルハウスによる高級野菜栽培や、果樹栽培、牧畜などが盛んに行われる。鉄道京釜(けいふ)線が市の中央を南北に貫通し、長項線と安城線がそれぞれ東西に分岐する交通の要地である。付近には天安工業団地が造成されている。 基 柱]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんあん【天安】
平安時代、文徳・清和天皇の代の年号。斉衡四年(八五七)二月二一日に、白鹿と連理の樹の献上物があり、これにより改元。天安三年(八五九)四月一五日に貞観元年となる。太政大臣、摂政は藤原良房。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天安」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天安の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation