@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天平感宝【テンピョウカンポウ】

デジタル大辞泉

てんぴょうかんぽう〔テンピヤウカンポウ〕【天平感宝】
奈良時聖武天皇の時の年号。749年4月14日~同年7月2日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

てんぴょうかんぽう【天平感宝】
日本の元号(年号)。奈良時代の749年、聖武(しょうむ)天皇の代の元号。前元号は天平(てんぴょう)。次元号は天平勝宝(てんぴょうしょうほう)。749年(天平21)4月14日改元。陸奥国から黄金が献上されたことを祥瑞として行われた(祥瑞改元)。日本で初めて使われた4文字の元号。749年(天平感宝1)7月2日に聖武天皇が退位し、皇女の阿倍(あべ)内親王が即位(孝謙(こうけん)天皇)。同日、天平勝宝改元されたため、天平感宝年間はわずか3ヵ月弱である。このため、文献・史料にこの元号が記述されることはほとんどない。◇「てんびょうかんぽう」とも読む。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てんびょうかんぽう【天平感宝】
⇒天平感宝(てんぴょうかんぽう)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんぴょうかんぽう テンピャウ‥【天平感宝】
奈良時代、聖武天皇の代の年号。天平二一年(七四九)四月一四日に陸奥国から黄金を献ぜられ改元、同年七月二日に天平勝宝元年となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天平感宝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天平感宝の関連情報

関連キーワード

日本におけるおもな時代区分新島荘大伴牛養行基孝謙天皇橘奈良麻呂生江東人孝謙天皇サッファーフ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation