@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天徳【テントク】

デジタル大辞泉

てん‐とく【天徳】
天の徳。万物をはぐくむ自然のはたらき。
天子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てんとく【天徳】[年号]
平安中期、村上天皇の時の年号。957年10月27日~961年2月16日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

てんとく【天徳】
日本の元号(年号)。平安時代の957年から961年まで、村上(むらかみ)天皇の代の元号。前元号は天暦(てんりゃく)。次元号は応和(おうわ)。957年(天暦11)10月27日改元。水旱(すいかん)(ひでり)と飢饉、米価高騰の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『周易(しゅうえき)』を出典とする命名。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てん‐とく【天徳】
[1] 〘名〙
① 天の徳。万物をはぐくむ広大無辺な自然のはたらき。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)七「㒵は人なれども天徳と一つなるもの也」 〔易経‐乾卦〕
② 天子の徳。
※懐風藻(751)春日〈紀麻呂〉「天徳十堯舜、皇恩霑万民」 〔顔延之‐和謝監霊運詩〕
[2] 平安時代、村上天皇の代の年号。天暦一一年(九五七)一〇月二七日に水旱のため改元、天徳五年(九六一)二月一六日に応和元年となる。出典は「易経‐乾卦」の「飛龍在天、乃位乎天徳」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

天徳
(通称)
てんとく
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
天竺徳兵衛聞書往来 など
初演
宝暦7.1(大坂・大松曲助座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天徳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天徳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation