@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天文定数【てんもんていすう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

天文定数
てんもんていすう

天文学とくに位置天文学で用いられている基本的数値。長年にわたる観測データを整理するにあたって、研究者が各自にかってな数値を用いると混乱のもとになるので、基本的数値のいくつかを天文定数系として定め、国際的に統一して用いている。最初の天文定数系は1896年フランスのパリでの基本星表国際会議で決定された。最近の天文定数系は2009年ブラジルのリオ・デ・ジャネイロでの第27回国際天文学連合総会で採択された。おもなものは、ガウスの引力の定数、光速度、月と地球の質量比、歳差定数などである。

[木下 宙]

『中野主一著『天文データブック 2002』(2002・誠文堂新光社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天文定数」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天文定数の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation