@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天文時計【てんもんどけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

天文時計
てんもんどけい
astronomical clock
天文台で観測に使用されるきわめて正確な時計。一般の時計と特に違った構造をもつわけではなく,ただ精度を増すために種々の工夫が凝らされている。従来は振り子式のシンクロノーム時計,リーフラー時計などと呼ばれたもの,また,持運び用にはテンプ式のクロノメータなどが用いられていたが,現在は水晶発振器を用いた水晶時計がこれに代った。また,アンモニア分子,またはセシウム原子などの振動をもとにした原子時計も使われている。原子時計の誤差は年に 2×10-6 秒以下であり,これを基準にして原子時 ATが定義されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てんもん‐どけい【天文時計】
天文観測に用いる、きわめて精確標準時計。現在は多くセシウム原子時計を使用。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てんもんどけい【天文時計】
天文学上の観測に使用される時計。水晶時計および原子時計などの精密なものが使用される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

天文時計
てんもんどけい
天文観測や正しい時間の保持のために使われる精密に時を刻む時計をいう。古代の日時計、水時計もその当時での天文時計といえるが、本来の意味での天文時計は共振制御による振り子時計がつくられて以降出現した。すなわち、1889年ドイツのリーフラが自由脱進機を完成させ、1921年イギリスのショルトが自由振り子時計を発明して以後である。ショルトの天文時計は日差が1日に0.001秒に達し、地球自転の不整の検出を可能にしたほどの精度をもつものであった。その後より精度の安定した水晶時計や、さらに精度の高い原子時計が発明、実用化されると振り子型の時計は姿を消した。現今、世界主要国の天文台ではセシウム原子時計を天文観測に際して用いているが、原子時計、水晶時計ともとくに天文時計という呼び方はしない。[渡辺敏夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんもん‐どけい【天文時計】
〘名〙 天文観測に用いる標準時計。一秒ごとに時を刻み、盤面は二四時に分かれる。湿気・圧力・振動などによる狂いを防ぐため、地下恒温室に保管される。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天文時計」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天文時計の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation