@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天日製塩【てんぴせいえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

天日製塩
てんぴせいえん
solar evaporation process
海水から製塩を行う方法の一つ。海水塩田に導入して太陽熱水分を蒸発させ塩分を析出結晶させる方法で,まず海水を貯留池に導入し,蒸発池で蒸発させ,結晶池で析出させる。気候条件や土質を選ぶのでどこででも採用できるわけではないが,メキシコ,西オーストラリア,紅海沿岸,地中海沿岸,アメリカ西海岸,黄海沿岸その他の高温乾燥地帯で行われている。日本は降水量が多いため,田で海水を蒸発させて濃縮した塩水をとり,これを煮つめて塩分を析出させる方法がとられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てんぴ‐せいえん【天日製塩】
製塩法の一。塩田にためた海水を太陽熱と風で濃縮し、塩を結晶させる方法。雨量が少なく、空気の乾燥している地方に適する。天日法

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てんぴせいえん【天日製塩】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てんぴせいえん【天日製塩】
製塩法の一。塩田に海水を導き入れ、太陽の熱で水分を蒸発させて食塩を結晶させる方法。降雨量が少なく、空気の乾燥している地に適する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんぴ‐せいえん【天日製塩】
〘名〙 食塩製造法の一つ。粘土質で海水のもれにくい広い塩田に海水を導入し、その水分を太陽の熱や風で蒸発させ、食塩を結晶させる方法。雨量が少なく、空気の乾燥している地方に適する。塩田法。天日法。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天日製塩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天日製塩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation