@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天明の飢饉【てんめいのききん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

天明の飢饉
てんめいのききん
天明2(1782)年から同 7年にかけての全国的飢饉享保の飢饉天保の飢饉と合わせて江戸時代の三大飢饉と称されている。同 2年は天候不順で凶作,翌同 3年は春から冷雨が続き,さらに洪水浅間山の大噴火(→天明浅間山噴火)のため大凶作となった。同 4~6年も不作で慢性的な大飢饉となり,各地で餓死,行き倒れ,病死が続出,なかでも関東,奥羽地方は草根,牛馬はもちろん犬猫,あるいは人肉すら食うという惨状を呈した。このため逃亡,騒動,一揆が諸所に頻発,老中田沼意次失脚の一因となるとともに,東北諸藩の藩政改革推進の契機となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てんめい‐の‐ききん【天明の飢饉】
天明2~7年(1782~87)にかけての奥羽・関東地方を中心とした大飢饉。冷害浅間山の噴火などで大凶作となり、疫病の流行もあって、餓死者・病死者は全国で90万人を超えた。各地で一揆打ち壊しが発生した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てんめいのききん【天明の飢饉】
江戸時代の代表的な飢饉の一つ。1783年(天明3)の大凶作によって翌年にかけ深刻な飢饉となり,また86年の凶作でその翌年も飢饉となった。この期間は一般に冷害型の気候,海流異変が続き,とくに関東,東北に著しい被害を与えた。83年は夏でも綿入れを着用するほどの寒冷な北東風(やませ)によりは実らず,4分作以下で山間部などでは収穫皆無となった所も少なくなかった。このため米価は騰貴し,また自領の防衛のために行われる津留政策によって食糧の欠乏する地帯の飢饉は倍加され,雑穀はもとより海草,草木の芽や雑草,松の甘皮など,食糧になりうるものはすべて取り尽くされたという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

天明の飢饉
てんめいのききん

享保(きょうほう)の飢饉、天保(てんぽう)の飢饉と並ぶ江戸時代三大飢饉の一つ。天明年間(1781~89)には連年にわたって飢饉が発生し、とくに1783年(天明3)と86年は惨状が甚だしかった。西日本とくに九州は82年に飢饉にみまわれたが、西日本の場合、天明年間の前半には収束した。飢饉はむしろ東日本、とくに東北地方太平洋側(陸奥(むつ)国)、北関東一帯で猛威を振るった。津軽(つがる)地方では早くも安永(あんえい)年間(1772~81)末期に凶作の兆しがあったが、八戸(はちのへ)地方では83年夏に「やませ」が吹いて冷害となり、稲が立ち枯れ、東北飢饉の前触れとなった。そこへ同年7月の上州浅間山の大噴火が重なり、噴火による降灰の被害は関東・信州一円に及び、その被害の甚だしかった北関東(上野(こうずけ)、下野(しもつけ))、信濃(しなの)では、凶作から飢饉となった。

 かくて陸奥では「神武(じんむ)以来の大凶作」といわれた卯歳(うどし)(1783)の飢饉となった。これは、霖雨(りんう)、低温、霜害、冷害などの自然的悪条件だけでなく、過酷な封建的搾取や分裂割拠の支配体制による津留(つどめ)・穀留(こくどめ)政策の犠牲という政治的・社会的原因が、飢饉の惨状を極度に悪化させた。このために津軽藩では1783年9月~84年6月にかけて、領内人口のうち8万1100人余の飢餓(きが)・病気(むくみなど)による死亡、八戸藩では6万5000人のうち餓病死者3万人余と記録されており、また陸奥辺境部各地では人肉相食(あいは)む凄惨(せいさん)な話が伝えられている。

[山田忠雄]

気象

1782年(天明2)から87年まで気象異変が続き飢饉となった。83年夏の浅間山の噴火が原因とされているが、すでに82年から異常が現れているところから、噴火の影響があるとすれば、83年の浅間山噴火以前の、たとえば1779年(安永8)以来の桜島の大噴火などが関与しているものと思われる。83年は世界的にみても著しい異常低温の夏であったが、欧州の場合は、浅間山の噴火よりは地元に近いアイスランドにおける噴火がより大きく影響していた。

[根本順吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんめい【天明】 の 飢饉(ききん)
天明二年(一七八二)から同七年にかけての大飢饉。特に奥羽・関東地方の被害が大きく、餓死と疫病の流行のために全国で九〇万以上の死者が出た。各地で打ちこわしが続出し、老中田沼意次の失脚を早めた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

天明の飢饉
てんめいのききん
江戸後期,天明年間(1781〜89)の大飢饉
1782年の凶作に始まり,翌年関東の洪水,浅間山噴火,全国的冷害などで大飢饉が発生。津軽藩の20万の餓死者をはじめ奥羽・九州地方に被害甚大であった。'84年以後も飢饉が続き,天明年間で90数万の人口減少をみた。このため米価は高騰し,江戸をはじめ全国各地で打ちこわしが続発し,田沼政治の終局をはやめた。その後松平定信の登場により寛政の改革が進められた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天明の飢饉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天明の飢饉の関連情報

関連キーワード

フェイトモーツァルトフェイト石谷清昌ラーマ[1世]イェルムティプ・スルターン児童文学蒸気機関

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation