@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天明狂歌【てんめいきょうか】

世界大百科事典 第2版

てんめいきょうか【天明狂歌】
江戸後期天明年間(1781‐89)を中心とする狂歌。狂歌史上の黄金時代にあたる。江戸狂歌は早く半井卜養(なからいぼくよう),未得(みとく)の存在はあったものの単発的で,狂歌の中心は貞徳,生白庵行風(せいはくあんこうふう),豊蔵坊信海,永田貞柳栗柯亭木端(りつかていぼくたん),混沌軒国丸(こんとんけんくにまる),一本亭芙蓉花(いつぽんていふようか)と上方にあった。ところが明和年間(1764‐72)江戸山の手の一角に新鮮な運動が起こった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

天明狂歌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天明狂歌の関連情報

関連キーワード

蓼太藩学一覧総合年表(アメリカ)鶴岡蘆水松平輝高伊丹椿園馬明心朋誠堂喜三二天明クリントン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation