@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天明【てんめい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

天明
てんめい
熊本県中部,熊本市の南西部,有明海に面する地区。旧町名。 1991年熊本市に編入。西部は江戸時干拓地全域が低平な水田地帯で,米作,施設園芸のほか,沿岸ではノリ,川口地区ではアサリ養殖が盛ん。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てん‐めい【天明】
夜明け。明けがた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てんめい【天明】[年号]
江戸中期、光格天皇の時の年号。1781年4月2日~1789年1月25日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

てんめい【天明】
福島の日本酒。酒名は、日の出のように世に羽ばたいてほしいとの願いを込めて命名蔵元夫婦が力を合わせて造る酒。純米大吟醸酒大吟醸酒純米吟醸酒特別純米酒純米酒がある。平成10~12、15年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦美山錦など。仕込み水は坂下(ばんげ)の地下水。蔵元の「曙酒造」は明治37年(1904)創業。所在地は河沼郡会津坂下町字戌亥乙。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てんみょう【天明】
下野国の中・近世の宿駅。現栃木県佐野市街の南西部分。天命とも書いた。特産物の天明鋳物は古くから知られ,〈東山時代,関東の天明釜をもって良とす〉(《和漢三才図会》)と,西の芦屋釜に対して高い評価をうけている。天明鋳物では湯釜,梵鐘,鰐口が名高く,現存最古の天明鋳物は元亨元年(1321)銘の梵鐘(安房日本寺)である。天明鋳物師(いもじ)が文献上明らかとなるのは15世紀に入ってからで,座的組織をもって活動していた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

てんめい【天明】
熊本県中央部,飽託(ほうたく)郡の旧町。1991年飽託郡の他の3町とともに熊本市へ編入。旧町域は南低地が広く,内陸部は緑川の沖積地,有明海沿岸部は干拓地である。農業では米麦作のほかプリンスメロン,スイカなどの施設園芸が盛ん。漁業ではアサリ採取,ノリ養殖,クルマエビ漁が行われる。不平士族の結社神風連と関係の深い新開大神宮がある。【松橋 公治】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てんめい【天明】
明けがた。夜明け。黎明れいめい

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てんめい【天明】
年号(1781.4.2~1789.1.25)。安永の後、寛政の前。光格天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

てんめい【天明】
日本の元号(年号)。江戸時代の1781年から1789年まで、光格(こうかく)天皇の代の元号。前元号は安永(あんえい)。次元号は寛政(かんせい)。1781年(安永10)4月2日改元。光格天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『尚書(しょうしょ)』を出典とする命名。天明年間の江戸幕府の将軍は徳川家治(いえはる)(10代)、徳川家斉(いえなり)(11代)。後桃園(ごももぞの)天皇が1779年(安永8)に崩御した。後桃園には内親王しかいなかったため、親王家から光格天皇が後桃園の養子として迎えられ、即位した。1782年(天明2)から1788年(天明8)にかけて全国規模の飢饉(ききん)(天明の飢饉)が発生し、江戸や大坂で打ちこわしが起こった。1783年(天明3)には浅間山が噴火しておよそ2万人が死亡した。またこの噴火は飢饉の被害をさらに広げることになった。1786年(天明6)に将軍の徳川家治が50歳で急死し、翌年に15歳の徳川家斉が第11代将軍に就任した。家斉は将軍就任後に松平定信(さだのぶ)を老中首座に任命し、定信を中心に幕府財政の建て直しを図った。この政治は「寛政の改革」と呼ばれている。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

天明
てんめい
熊本県中部、飽託(ほうたく)郡にあった旧町名(天明町(まち))。現在は熊本市の南西部を占める地域。1956年(昭和31)中緑(なかみどり)、銭塘(ぜんども)、内田、奥古閑(おくこが)、海路口(うじぐち)、川口の6村が合併して天明村を設置。1971年町制施行。1991年(平成3)熊本市に編入。旧町名は、天明年間(1781~1789)に開削され、町の大半を灌漑(かんがい)している天明新川(人工河川)にあやかった。旧町域は、すべて緑川の運んだ土砂の堆積(たいせき)地とその地先に造成された干拓地とからなる。堤防を除けば、海抜高度3メートル以上の所はなく、全面積の9割強が耕地で、そのほとんどが水田と施設園芸圃場(ほじょう)地(スイカ、メロン、ナス、トマト)である。また島原湾沿岸ではアサリ、ノリ、クルマエビなどの養殖も盛んで、季節には潮干狩の舞台にもなっている。中世の干拓地銭塘で師走(しわす)の初丑(はつうし)の日に行われた歳星宮(さいせいぐう)例祭は、干拓地造成当時に京都から下った公卿(くぎょう)一族の私祭が近世期に村落祭化したもので、「鍋墨塗り付け祭(なべずみぬりつけまつり)」としても知られている。[山口守人]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てん‐めい【天明】
[1] 〘名〙 夜明け。明けがた。
※本朝文粋(1060頃)一二・老閑行〈菅原文時〉「漏蘭庭露冷、天明窓霧昏」
※読本・唐錦(1780)三「天明(テンメイ)(〈注〉ヨアケ)に到るまで睡り居たりしに」 〔元稹‐夢昔時詩〕
[2] 江戸時代、光格天皇の代の年号。安永一〇年(一七八一)四月二日に改元、天明九年(一七八九)一月二五日に寛政元年となる。いわゆる天明の飢饉があり、打ちこわし、一揆が続発した。将軍は徳川家治、家斉。出典は「書経‐太甲上」の「先王顧諟天之明命」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天明」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天明の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation