@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天津【テンシン】

デジタル大辞泉

てんしん【天津】
中国北省東部の河港都市。政府直轄市。海河支流の合流点にあり、水陸交通の要衝貿易商業紡織製鋼などの工業が盛ん。人口、行政区750万(2000)。ティエンチン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てんしん【天津 Tiān jīn】
中国の四大中央直轄市の一つ。華北平原北端に近い渤海湾沿岸に位置する。海河水系に属する北運河(潮白河),永定河大清河,子牙河,南運河(衛河)の五大支流が会合,海河となって海に入る地点にあたる。13区5県からなり,北端の薊県は万里長城に達する。渤海沿岸は古来海進,海退が繰り返され,数本の貝殻堤遺跡が残り,歴史時代にも現市街地の西方まで海岸線が後退していたこともある。漢代に現在の天津の北部で製塩が盛んとなり,唐代には軍糧城が軍事用糧食の集積所とされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

あまつ【天津】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てんしん【天津】
中国、華北の海河下流に位置する河港都市。北京の外港。製鉄・綿・羊毛などの工業が発達。政府の直轄市で、大運河と海河の合流点に当たり水陸交通の要衝。かつては日英仏などの租界があった。ティエンチン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

天津
てんしん / ティエンチン
中国、華北地区の大都市。行政上は北京(ペキン)、上海(シャンハイ)、重慶(じゅうけい)とともに省と同格の政府直轄市である。和平(わへい)区、薊州(けいしゅう)区、浜海(ひんかい)新区など16市轄区からなる。面積1万1917平方キロメートル、人口1562万1200(2016)。渤海(ぼっかい)湾岸に面し、海河河口より約50キロメートル上流、大清河、子牙河(しがが)、永定河など、海河支流の合流点付近の右岸一帯に市の中心部がある。海河の内陸水運や京山線(北京―山海関(さんかいかん))、京滬(けいこ)線両鉄道の連絡する交通の結節点をなす。華北最大の貿易港で、北東120キロメートルにある首都北京の海への門戸となっている。海河河口の天津新港は、1952年に完成し、1万トン級の船舶の接岸できるバース(係留地)は100以上あり、さらに海河の改修によって天津市街まで3000トン級の船舶が遡航(そこう)できるようになっている。市中心部の東約13キロメートルに天津浜海国際空港がある。
 周辺の海河下流一帯はワタ、小麦の産地で、薊州区付近では有名な天津栗(ぐり)や柿(かき)の生産も多い。北東に開(かいらん)炭田を控え、南東に大港油田を擁している。また石灰岩、耐火れんがなどの原料も産し、海河下流域には長蘆(ちょうろ)塩場が広がり、塩の生産も巨額に上る。華北、モンゴル地方一帯との交通の便もよく、これらの優れた交通位置が、天津に商工業の発展をもたらし、大都市を形成させる原因となっている。工業ではとくに紡織工業の比率が高く、じゅうたんは世界的に有名である。伝統的に製紙、ゴム、たばこ、マッチ、食品などの工場が多い。他方、製鋼、機械、石油、化学など重工業も急速に発展しており、さらに、電機・車両工業のほかカメラ、時計、計算機など精密機械工業も盛んである。
 南開大学、天津大学、天津医科大学、天津音楽学院などの高等教育機関や研究所、図書館、博物館、労働文化宮など研究・文化施設も少なくない。また、体育館、競技場なども充実しており、スポーツことにサッカーが盛んなことは全国的に名高い。[船越昭生]

歴史

(そう)代に泥沽海口(でいこかいこう)、金代に信安海(しんあんかいじゅ)、元代に直沽(ちょくこ)または海津鎮(かいしんちん)といわれた小港であった。元代に、江南からの税糧を毎年海運してここに陸揚げし始めてから急に発展した。明(みん)代の1404年天津衛を設け、周囲6キロメートルの城郭を築き、江南から大運河で輸送してくる税糧の中継地としてさらに発展して都市的様相を示し、清(しん)代には天津県を置き、天津府の首邑(しゅゆう)となった。清末、1792年と1816年の二度にわたりイギリスによって開港を迫られ、1858年アロー戦争に際してイギリス・フランス軍の攻撃を受け、1860年に占領され、アメリカ、ロシアも加わった天津条約によって開港された。1870年フランス排撃運動が起こって領事ら20名が殺害されるという事件があり、1900年には義和団と日・英など八か国連合軍との兵火を被り、城壁が取り払われた。1904年日露戦争のとき両国の軍需物資の調達地となってから、対外貿易港として栄え、租界も設けられて国際都市化した。中華民国時代には一時、直隷省都となったが、列国の利害が絡む内戦の舞台となることが多く、日中戦争に際しても1937年日本軍に占領された。[星 斌夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんしん【天津】
[1]
[一] 中国華北地区東北部の都市。大運河・白河などの合流点にあたり、華北水運の中心として貿易がさかん。第二次世界大戦前には日・英など八か国の租界があり、また民族資本による紡績業の中心地であったが、大戦後は総合的商工業都市に変貌した。テンチン。
[二] 中国の星座。箕(き)と斗の間にある銀河の星。はくちょう座α(アルファ)、ζ(ゼータ)、δ(デルタ)など九星を含む。天津九星。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

天津
てんしん
Tiānjīn
中国河北省東部,海 (ハイ) 河の両岸にまたがる都市
大運河と海河の接点で,水陸交通の要地を占め,明代の1404(永楽2)年,天津衛が創設されたのが名のおこり。明〜清代を通じて北京の外港として発達。1860年北京条約によって開港。義和団事件後,列強が租界を設け,以後,国際都市として繁栄した。現在四大中央直轄市の1つ。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天津」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天津の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation