@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天満【てんま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

天満
てんま
大阪市北区南東部,大川 (旧淀川,別称天満川) 右岸一帯の地区。地名は天暦3 (949) 年創建と伝えられる天満宮所在に由来。江戸時代大坂三郷の1つ,天満組の市街地で,淀川水運を利用して天満青物市場が設けられ,商況活発であった。明治3 (1870) 年河岸の川崎造幣寮 (現造幣局) が設置され,大阪の近代工業の発祥地となった。周辺には金属,ガラス,繊維などの工業が発達。 JR天満駅と天神橋の間は天神橋筋商店街の繁華街をなす。天満宮の天神祭は京都の祇園祭とともに,夏祭りの代表として有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てんま【天満】
大阪市北区の大部分の旧地名。大川以北の地で,旧天満堀川(1872年埋立て)を境として西天満と東天満に分かれる。地名は大坂天満宮鎮座の地に由来するという。天満宮は東天満の中央部に位置し,もと大将軍の森と称する神域であったが,天暦年間(947‐957)村上天皇の勅願により社殿を創建し,天満宮を請したもので,のち後水尾天皇のとき御神影ならびに天満宮の社号を与えられたと伝える。石山合戦(1570‐80)のとき焼失したが,豊臣秀吉が大坂に築城すると,天満宮会所支配人であった大村由己が再建を願い出て,ほどなく社殿を回復した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

天満
てんま

大阪市北区の南東部、淀(よど)川と天満堀川(埋立て)に囲まれた商工業地区。江戸時代の大坂三郷(さんごう)の一つ天満組の地である。中央やや西寄りの天神森には天満宮が鎮座し、付近に天満組惣(そう)会所跡の碑がある。その南には、かつて大坂三大市(いち)の一つであった天満青物市場の碑が立っている。東部の淀川沿いには、造幣局や泉布観(せんぷかん)(国の重要文化財)、ユースアートギャラリー(旧、桜宮公会堂、正面玄関は国の重要文化財)がある。

[樋口節夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんま【天満】
(天満宮があるところから呼ばれる) 大阪市北区の南東部、大川(天満川)と天満堀川(埋立て)に囲まれる地域の総称。江戸時代は大坂三郷の一つの天満組の地。造幣局がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てんま【天満】
大阪市北区南東部の地名。天満宮があるところからの名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天満」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天満の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation