@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天然ガソリン【てんねんガソリン】

世界大百科事典 第2版

てんねんガソリン【天然ガソリン natural gasoline】
NGL(natural gas liquidの略)ともいう。天然ガス井,または石油井から出る湿性ガス(比較的分子量の大きい炭化水素を含むガス)から採取されるガソリンをいう。湿性ガスからの採取法には加圧して液化させる方法とガソリンに吸収させる方法とがある。主成分はブタンC4H10,ペンタンC5H12,ヘキサンC6H14などの軽質ガソリンである。自動車用ガソリン,石油化学工業原料などとしての用途がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

天然ガソリン
てんねんがそりん
natural gasoline
ケーシングヘッドガソリンともいい、油井より原油に随伴して産出する湿性天然ガス中の液状成分を凝縮液化して得られる低沸点ガソリン。ペンタンを主成分とし、ブタン、ヘキサンも含まれる。自動車ガソリンの気化性向上用配合材や石油エーテルとして実験室用溶剤に使用される。またアメリカでは、アルキレート、その他石油化学原料としてのイソブタンイソペンタン供給源の一部となっている。[原 伸宜]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

天然ガソリン
テンネンガソリン
natural gasoline

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天然ガソリン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天然ガソリンの関連情報

関連キーワード

SNG天然ガス自動車コンデンセート湿性ガス随伴ガス世界のおもな博物館進化自然科学ニコルソン自然史博物館

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation