@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天然樹脂【てんねんじゅし】

世界大百科事典 第2版

てんねんじゅし【天然樹脂】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てんねんじゅし【天然樹脂】
合成樹脂に対し、マツ・モミなどの樹幹から分泌された粘度の高い液体が空気に触れ、揮発性成分を失って固化したもの。複雑な有機酸およびその誘導体からなり、紙のサイズ剤、ワニス・医薬品などに利用する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

天然樹脂
てんねんじゅし
natural resin
合成樹脂に対する語。すなわち、天然に産する樹をいう。動物性と植物性のものとがあり、前者はセラックのように昆虫の分泌物によるものであり、後者は植物が生理的または病的分泌物として生成するもので、一般的には樹皮に傷をつけて浸出させて採取する。また分泌物が地下に埋まったまま化石化したようなものもある。いずれも比較的分子量の小さい(数百から千くらいまで)多糖類やゴム質で、塗料ワニス、印刷インキ、着色剤、香料、医薬品などに用いられる。[垣内 弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんねん‐じゅし【天然樹脂】
〘名〙 植物体の生産する樹脂。不揮発性、無定形で、水に溶けず、多くの有機溶剤にとけ、加熱により軟化する物質。俗に、やにという。塗料、紙のサイズ剤、医薬品などに用いる。合成樹脂に対していう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

天然樹脂
テンネンジュシ
natural resin

動物,植物の生理的,病理的作用により分泌されるか,またはそれらの組織から抽出された樹脂状物質.一般に,固体,半固体で水に溶けず,有機溶媒に溶ける.松やにロジンなどがあり,こはくは松属植物の樹脂の化石である.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てんねん‐じゅし【天然樹脂】
植物体から得られる樹脂。松やに・琥珀(こはく)など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天然樹脂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天然樹脂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation