@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天燈鬼・竜燈鬼像【てんとうき・りゅうとうきぞう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

天燈鬼・竜燈鬼像
てんとうき・りゅうとうきぞう
奈良,興福寺に伝わる滑稽味豊かな2匹の鬼の彫刻国宝仏前灯火を献じている姿を表わす。竜燈鬼の胎内には建保3 (1215) 年に運慶の3男康弁が造立した銘文書されている。鬼の像高はそれぞれ約 77cm。竜燈鬼には切抜銅板のを植え,歯牙には水晶を用い,天燈鬼の眉には筋毛を植付けるなど技巧を凝らしている。両像とも隆々たる筋肉の表現や,鬼の面相など,鎌倉時代の写実主義から生れた傑作。もとは西金堂に安置されていたが現在は霊宝館にある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天燈鬼・竜燈鬼像」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天燈鬼・竜燈鬼像の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation