@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天狗【てんぐ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

天狗
てんぐ
深山に生息するという想像上の妖怪の一つ。一般に天空を飛び,通力をもって仏法の妨げをするといわれる。中国の古書『山海経』や『地蔵経』の夜叉天狗などの説が,日本古来の異霊,幽鬼,物怪 (怨霊) などの信仰と習合したものと思われる。初期には異霊やコダマ (→木霊 ) ,変化,憑物の類なども天狗とされていたが,中世以後は山伏姿の赤ら顔で,鼻が高く,口は鳥のくちばしのようで,羽うちわをたずさえ,羽をたくわえて自由に空中を飛び回り,人に禍福を授ける霊神として祀られるようになった。『宇津保物語』『源氏物語』『大鏡』などや諸国の伝説に残る。天狗はまた,ぐひん,山の神,大人,山人とも呼ばれ,山に対する神秘観と信仰の現れでもある。大天狗小天狗,からす天狗,木の葉天狗などの別があり,鞍馬愛宕比叡,大山,彦山大峰秋葉の各山々に住むとされ,武術の擁護者,讃岐金毘羅さんの使者ともされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てん‐ぐ【天×狗】
深山に住むという妖怪。山伏姿で、顔が赤くて鼻が高く、に翼があり、手には羽団扇(はうちわ)太刀金剛杖を持つ。神通力があって、自由に飛行するという。鼻の高い大天狗烏天狗などがある。各地に天狗にまつわる怪異な話が伝承されており、山中で起こる種々の不思議な現象は、しばしば天狗のしわざであるとされる。
1が鼻の高いところから》自慢すること。うぬぼれること。高慢なこと。また、その人。「天狗の鼻をへし折る」「釣り天狗
《「てんく」とも》落下の際に大音響を伴う、非常に大きな流星天狗星(てんぐせい)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

天狗 てんぐ
伝承上の妖怪。
深山にすみ,翼で自在に空をとび,神通力をもつ。大天狗は赤顔長鼻,小天狗は(からす)のような顔で,ともに山伏の服装をし,高下駄をはき羽うちわをもっている。平安時代の物語では仏法にをあたえる存在としてえがかれている。鎌倉時代ごろから山伏信仰とむすびついて形象化され,庶民信仰の対象となった。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉プラス

天狗
たかしよいちの文、茂利勝彦の絵による児童文学作品。奇想天外な妖怪物語。2007年刊行。2008年、赤い鳥文学賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天狗
テンアライド株式会社が展開する居酒屋、和食店のチェーン。「旬鮮酒場 天狗」「和食れすとらん 天狗」などを展開。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天狗
レベルファイブによるゲームソフト、またそこから派生したテレビアニメや玩具のシリーズ『妖怪ウォッチ』に登場する妖怪。フシギ族、サイズ115センチ。必殺技は「うちわ大旋風」。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てんぐ【天狗】
天狗は日本人の霊魂観から発する霊的存在で,さまざまに形象化されて庶民信仰の対象となり,絵画彫刻,芸能に表現され,口誦伝承や民間文芸主題となった。原始的神霊観に支えられているので,顕著な善悪二面性をもつが,天狗を信仰対象や芸術,芸能,文芸にとりいれたのは,山岳宗教修験道であった。したがって一般的認識では天狗即山伏というような印象をもたれている。この宗教の世界では天狗の原質は山神山霊と怨霊である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てんぐ【天狗】
日本固有の山の神の一。また、鳶とびや烏からすと関係の深い妖怪の一。修験道の影響を受け山伏姿で鼻が高く赤ら顔、手足の爪が長くて翼があり、金剛杖・太刀・羽団扇はうちわをもつ。神通力があり、飛翔自在という。仏道を妨げる魔性と解されることもある。
天狗は鼻が高いことから 自慢すること。高慢なこと。また、その人。 -になる
天狗星てんぐせいに同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

天狗
てんぐ
山中に住むといわれる妖怪(ようかい)。中国では、流星または彗星(すいせい)が尾を引いて流れるようすを、天のイヌまたはキツネに例え、仏教では夜叉(やしゃ)や悪魔のように考えられていた。日本では仏教を、当初は山岳仏教として受け入れ、在来の信仰と結び付いた修験道(しゅげんどう)を発達させたが、日本の天狗には修験道の修行者(しゅぎょうじゃ)=山伏(やまぶし)の姿が色濃く投影している。一般に考えられている天狗の姿は、赤ら顔で鼻が高く、眼光鋭く、鳥のような嘴(くちばし)をもっているか、あるいは山伏姿で羽根をつけていたり、羽団扇(はうちわ)を持っていて自由に空を飛べるといったりする。手足の爪(つめ)が長く、金剛杖(づえ)や太刀(たち)を持っていて神通力があるともいう。これらの姿は、深山で修行する山伏に、ワシ、タカ、トビなど猛禽(もうきん)の印象を重ね合わせたものである。また天狗の性格は、感情の起伏が激しく、自信に満ちてときに増上慢(ぞうじょうまん)であるが、一方では清浄を求めてきわめて潔癖である。天狗に大天狗と、烏(からす)天狗や木(こ)っ葉(ぱ)天狗などとよばれる小天狗との別があるというのも、山伏が先達(せんだつ)に導かれながら修行するようすを投影したものであろう。
 人が突然行方不明になることを、神隠しにあったという。中世以前はワシや鬼に連れ去られたといったが、近世以後は天狗にさらわれたという事例が急増する。天狗にさらわれた子供が数日たって家に戻ってきたり、空中を飛んだ経験を話して聞かせたなどの記録が残っている。近代の天狗のイメージには、近世に形成されたものが多いようである。妖怪を御霊(ごりょう)信仰系のものと祖霊(それい)信仰系のものとに大別すると、天狗は後者に属する。中国伝来の諸要素を多く残しながら、祖霊信仰に組み入れることによって山の神の性格を吸収したのであろう。そのため群馬県沼田市の迦葉山弥勒寺(かしょうざんみろくじ)、栃木県古峯原(こぶがはら)の古峯(ふるみね)神社、そのほか修験道系統の社寺において、天狗を御神体もしくは使令(つかわしめ)(神様のお使い)として信仰する例が多い。
 天狗がまったく妖怪化した段階では、種々の霊威・怪異の話が伝承されている。子供をさらって行くというのもその一つであるが、各地の深山で天狗倒し・天狗囃子(ばやし)などの話がある。天狗倒しは、夜中に木を伐(き)る音、やがて大木の倒れる音がするが、翌朝行ってみるとどこにも倒れた木がないという怪異現象であり、天狗囃子は、どこからともなく祭囃子の音が聞こえてくるというものである。村祭りの強烈な印象や、祭りの鋪設(ほせつ)のための伐木から祭りへの期待感が、天狗と結び付いて怪異話に転じたものであろう。そのほか、山中で天狗に「おいおい」と呼ばれるとか、どこからともなく石の飛んでくるのを天狗のつぶてということがある。昔話では、かなり笑話化されているが「隠れ蓑笠(みのかさ)」というのがある。むかし、ある子供が「めんぱ」に弁当を入れて山へ行く。天狗がいるので「めんぱ」でのぞき、京が見える、五重塔が見えると欺く。天狗が貸せというので隠れ蓑笠と交換する。天狗はのぞいてみたが何も見えないので、だまされたと気づいて子供を探すが、隠れ蓑笠を着ているのでみつからない。子供は隠れ蓑笠を使って盗み食いする。あるとき母親が蓑笠を焼いてしまう。灰を体に塗り付けて酒屋で盗み飲みすると、口の周りの灰がとれて発見され、川へ飛び込んで正体が現れるといった類の話である。伝説には天狗松(天狗の住む木)などがあり、民家建築の棟上げのとき、棟の中ほどに御幣(ごへい)を立ててテンゴウサマ(天狗様)を祭る所もある。[井之口章次]
『『山の人生』(『定本柳田国男集4』所収・1967・筑摩書房) ▽井之口章次著『日本の俗信』(1975・弘文堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てん‐ぐ【天狗】
〘名〙 (古くは「てんぐう」とも)
① 天上や深山に住むという妖怪。山の神の霊威を母胎とし、怨霊、御霊など浮遊霊の信仰を合わせ、また、修験者に仮託して幻影を具体化したもの。山伏姿で、顔が赤く、鼻が高く、翼があって、手足の爪が長く、金剛杖・太刀・うちわをもち、神通力があり、飛行自在という。中国で、流星・山獣の一種と解し、仏教で夜叉・悪魔と解されたものが、日本にはいって修験道と結びついて想像されたもの。時代によりその概念に変遷があるが、中世以降、通常、次の三種を考え、第一種は鞍馬山僧正坊、愛宕山太郎坊、秋葉山三尺坊のように勧善懲悪・仏法守護を行なう山神、第二種は増上慢の結果、堕落した僧侶などの変じたもの、第三種は現世に怨恨や憤怒を感じて堕落して変じたものという。大天狗、小天狗、烏天狗などの別がある。天狗を悪魔、いたずらものと解するときはこの第二・第三種のものである。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「誰れかものの音調べて遊びゐたらん。天ぐのするにこそあらめ」
※源氏(1001‐14頃)夢浮橋「てんくこだまなどやうの物のあさむき率てたてまつりけるにやとなんうけたまはりし」
② 修験道の行者。山伏。
※雑俳・川傍柳(1780‐83)初「医者が見放すと天狗をよばる也」
③ 能楽で、①をかたどった面。
※わらんべ草(1660)四「一天狗 木の葉天狗の類にきる」
④ キリスト教での悪魔にあたるもの。室町時代末期に渡来の西洋人によって与えられた訳語。
※ぎやどぺかどる(1599)下「天狗の謀略、あにまを出入し様々に変ずる事を弁へ」
⑤ 高慢なこと。うぬぼれること。また、その人。
※大坂繁花風土記(1814)今世はやる詞遣ひ「てんぐ、或はのばす、又くひん、又ぬう」
⑥ (「てんく」とも) =てんぐせい(天狗星)〔書言字考節用集(1717)〕 〔史記‐天官書〕
※洒落本・三躰誌(1802)「『面白いことを始るからよびに上たのさ』〈略〉『今天狗(テング)を始るのさ』」
⑧ 魚「うばざめ(姥鮫)」の異名。
[語誌]「書紀‐舒明九年二月」に、星座の異変が、地上の異変をもたらすものとして、「天狗」(北野本訓ではアマツキツネ)が出ている。この「書紀」の文章にある「異変をもたらすもの」「天空を飛ぶもの」「天と山をつなぐ、大音を発する怪物」という概念が、まず山の神霊と結びつけられ、①となったのであろう。一方では山岳信仰を奉ずる修験道の山伏が、この概念を活用するに及んで、鳥類型天狗と僧侶型天狗を経て、山伏型天狗が現われてくる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天狗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天狗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation