@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天王砂丘【てんのうさきゅう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

天王砂丘
てんのうさきゅう

秋田県西部の日本海岸の砂丘。秋田市北部から潟上市(かたがみし)天王地区を占める。雄物川(おものがわ)からの運搬物が二次的に堆積(たいせき)したもので、南北約25キロメートルにわたる。おもな砂丘列は三条に分かれ、海岸沿いを浜山砂丘、中央を浜中砂丘、内側を桃ノ木砂丘とよぶ。砂丘列間の低湿地には水田が開け、砂丘面には果樹園と畑地があり、慶応(けいおう)年間(1865~1868)から開拓された二田(ふただ)集落が中心である。

[宮崎禮次郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天王砂丘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天王砂丘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation