@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天球の回転について【てんきゅうのかいてんについて】

世界大百科事典 第2版

てんきゅうのかいてんについて【天球の回転について De revolutionibus orbium caelestium】
ポーランドの天文学者N.コペルニクス著書で,1543年にニュルンベルクで刊行されたが,本書の主要部分は1530年ころに完成されていたものとされ,また,それ以前にコペルニクスは《要綱Commentariolus》を書いて友人らに配っている。本書の見本刷りはフラウエンブルク臨終の床にあったコペルニクスに届けられたと報じられている。本書はアリストテレスプトレマイオスの地球中心の宇宙体系(天動説)に対し,太陽中心の宇宙体系(地動説)を述べて,近代天文学,いや近代科学発端を画した書である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

天球の回転について
てんきゅうのかいてんについて

コペルニクスの主著。近代地動説の原典とされる。原著名はDe revolutionibus orbium coelestium。1543年刊。フラウエンブルク聖堂参事会員コペルニクスは、北イタリア遊学以来の着想を小冊子『概要』に記して知友に回覧するとともに、さらに天体観測を重ねて1530年ごろ本格的な著述に入り、本書をまとめた。しかし異端のとがめをおもんぱかって、その公刊をためらった。ところがギーゼ司教の推賞とレティクスの懇請を受け入れて、出版を決心した。出版はレティクスの斡旋(あっせん)によってニュルンベルクのグーテンベルク印刷所で行われた。

 本書は全六巻からなり、内容は以下のとおりである。第一巻は地球が球形で自転・公転・歳差という3種の運動をすること、および球面三角形の定理。第二巻は天球座標と時間の決定、球面天文学の基礎。第三巻は春分点の歳差、太陽の不等速運行などの起因が地球の運動にあること。第四巻は日・月食が月の公転によることの理論づけ、諸天体の大きさや距離の比較。第五巻は諸惑星の視運動を空間内の公転によって説明し、各惑星の軌道半径を比較。第六巻は惑星の黄緯変化による軌道傾斜の決定。

 この書の第一冊は著者の臨終の床に届けられた。教皇庁はこの書を単なる天体位置の計算書とみなしたが、ガリレイ裁判の際、改めて禁書目録に登録した。

[島村福太郎]

『矢島祐利訳『天体の回転について』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんきゅうのかいてんについて テンキウのクヮイテンについて【天球の回転について】
(原題De revolutionibus orbium caelestium) 天文学書。コペルニクス著。一五四三年刊。草稿は一五〇六~三二年に成立。古代ギリシアのアリストテレスやプトレマイオス以来の地球中心の宇宙観(天動説)に対し太陽中心の地動説を記述し、近代科学への道を開いた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天球の回転について」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天球の回転についての関連情報

関連キーワード

コペルニクス鉄砲伝来戦国時代(日本)鉄炮記古田織部堺と鉄砲みなし仮設住宅池坊専応門倉岬狩野永徳

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation