@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天球儀【てんきゅうぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

天球儀
てんきゅうぎ
celestial globe
天球上の恒星の位置をの表面に示し星座赤道黄道などを書込んだもの。天球を外側から見たように描いているので,星座の形は実際と鏡像の関係になる。通常,地平線を表わす水平な円形の枠と,子午線を示すこれと垂直なに入れて支える。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てんきゅう‐ぎ〔テンキウ‐〕【天球儀】
球面上に、恒星星座赤道黄道赤経赤緯などを記した模型

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てんきゅうぎ【天球儀 celestial globe】
天球上の恒星や星座の位置,それらの日周運動などを簡便に知るための天球模型。天球の球面上に投影された星座,天の川などを天球儀の外表面上に描き,外から見るようになっているため星座の形や相互配置は東西が逆になっている。恒星の位置のほか星座を表す画像やその境界線,赤道,黄道なども記された。エウドクソスはすでに紀元前4世紀に天球儀を作ったが,現存する最古のものは前200年ごろに作られたナポリファルネーゼ家の,巨人アトラスが天球をかついだ大理石製のものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

天球儀
てんきゅうぎ

地球儀が地球表面の水陸分布や地形、経緯度線などを表すように、われわれを取り巻く空を一つの球に見立て、星や星座、天の赤道や黄道、時圏、等赤緯線(天球上の赤緯の等しい点を結ぶ線。赤緯等圏)などを描き表し、実際の天球での諸現象、たとえば天体の出没や高度・方位などを読み取れるようにした装置。ただし、球の内側から見るようにはつくれないので、天球の外から見た天球の状況(現実に見るものの裏返しになる)を球面に描く。一般に天球儀は、単なる天の図ではなく、実用に供されていた。すなわち、模型天球を、天の南北極(SおよびN)を通る軸の周りを回転できるようにし、この軸が水平環(水平環を含む平面は模型天球の中心を通るようにする)と緯度に等しい角だけ傾けられるようにしておく。水平環に方位目盛りを刻み、さらに水平環から天体までの角を測れるような尺度をつくっておくと、天体の任意の時刻の高度・方位、出没方位が読み取れる。また日周運動の状況、あるいは季節など適当な条件を与えれば時刻を読み取ることもできる。このような測定ができるようにつくられた一式の装置が天球儀で、かつてはヨーロッパなどで天文学上の実用器機としてはもとより、芸術品としても盛んに製作された。日本でも江戸時代に最初の天球儀がつくられた。

[大脇直明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんきゅう‐ぎ テンキウ‥【天球儀】
〘名〙 球面上に恒星・星座・黄道・赤経・赤緯などを記した天球の小模型。〔改正増補物理階梯(1876)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天球儀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天球儀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation