@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天球座標【テンキュウザヒョウ】

デジタル大辞泉

てんきゅう‐ざひょう〔テンキウザヘウ〕【天球座標】
天球上の天体位置を示すための座標。赤道座標黄道座標地平座標銀河座標など。天文座標

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てんきゅうざひょう【天球座標】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

天球座標
てんきゅうざひょう

天球上の位置を表す座標。一般に、観測者を極(中心)とする球面極座標を用いる。より具体的にいうと、のように天球上で互いに直交する二つの大円a、bをそれぞれ基準大円とし、その交点の一つCを天球上の基本方向とする。a、bのいずれか、たとえばaを経度的な座標軸(地球で例えれば赤道)にとり、Cを経度的座標の起算点、aを緯度的座標の起算点とする。

 天球座標は、天文学上、それぞれの研究や作業にもっとも便利なように設定される。今日もっとも多く用いられるのは、赤道座標、黄道座標、銀河座標、地平座標などである。

[大脇直明]

『横尾武夫編『宇宙を観る――現代天文学実験1 初級篇』(1989・恒星社厚生閣)』『地学団体研究会編『星の位置と運動』(1994・東海大学出版会)』『岩永道臣・樽美幸雄著『精説 天文航法 上巻』新訂版(1995・成山堂書店)』『斉田博著『天文の計算教室』新装版(1998・地人書館)』『長沢工著『日の出・日の入りの計算――天体の出没時刻の求め方』(1999・地人書館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんきゅう‐ざひょう テンキウザヘウ【天球座標】
〘名〙 天球上の天体の位置を示す座標。基準となる大円とその上の一点の選び方によって、地平座標・赤道座標・黄道座標・銀河座標などがある。天体座標。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天球座標」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天球座標の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation