@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天目一箇神【あめのまひとつのかみ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

天目一箇神 あめのまひとつのかみ
日本書紀」にみえる神。
国譲りをした大物主神をまつる祭具をつくったとき,鍛冶(かじ)を担当したという。「古語拾遺」によれば筑紫(つくし),伊勢(いせ)の忌部(いんべ)氏の祖先神天照大神(あまてらすおおみかみ)を天の岩戸からさそいだすため,,(おの),鉄鐸(てつたく)をつくったという。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あめのまひとつのかみ【天目一箇神】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

あまのまひとつ‐の‐かみ【天目一箇神】
「日本書紀」「古語拾遺」などに見える神。鍛冶(かじ)、金工の神。一つ目で、「古語拾遺」によれば、天照大神が天の岩屋戸に隠れた時、刀剣、斧(おの)、鉄鐸(さなき)などの祭具を作ったとされる。また「日本書紀」一書には、国譲りをした大己貴神(おおあなむちのかみ)を祭る際、作金者(かなだくみ)に任命されたとある。天津麻羅(あまつまら)と同神ともいう。天之麻比止都禰命(あまのまひとつねのみこと)。天久斯麻比止都命(あまのくしまひとつのみこと)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天目一箇神」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天目一箇神の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation