@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天神川【てんじんがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

天神川
てんじんがわ
鳥取県中部を北流する川。岡山県との県境にある津黒山 (1118m) にを発し,途中で小鹿川,小鴨川などを合わせて湯梨浜町で日本海に注ぐ。全長約 32km。上流部では標高 600mの隆起準平原面を深く浸食して峡谷を形成し,下流では倉吉平野を形成。灌漑に利用され,米作,ナシ栽培が発達。本・支流沿岸には古墳,国分寺跡,山岳信仰の中心である三徳山 (国指定名勝・史跡) ,小鹿渓 (国指定名勝) ,三朝温泉北条砂丘などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てんじん‐がわ〔‐がは〕【天神川】
鳥取県中央部を流れる川。東伯(とうはく)郡三朝(みささ)町の津黒(つぐろ)山(標高1118メートル)に源を発する竹田川が北流して小鴨(おがも)川などの支流を合わせ、同郡湯梨浜(ゆりはま)町と北栄(ほくえい)町ので日本海に注ぐ。長さ32キロ。中・下流域は倉吉平野海岸北条砂丘、湯梨浜町に潟湖(せきこ)の東郷池がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てんじんがわ【天神川】
鳥取県中部を北流する川。岡山県境に近い三朝(みささ)町南端の津黒山に源流部があり,中流部で小鹿川,小鴨(おがも)川を合わせ,羽合(はわい)町長瀬付近で北条砂丘を横切って日本海に注ぐ。幹川流路延長32km,全流域面積500km2。下流域には倉吉平野,北条平野が展開する。かつて長瀬から東流して橋津に流れて日本海に注いでいたが,元文年間(1736‐41)に北条砂丘を開削して現在の流路とした。【豊島 吉則】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

天神川
てんじんがわ
鳥取県の中央部を流れ日本海に注ぐ川。一級河川。延長32キロメートル。流域面積490平方キロメートル。中国山地の津黒(つぐろ)山、三国(みくに)山、大山(だいせん)に源を発して北流し、倉吉(くらよし)平野を縦断して湯梨浜(ゆりはま)町西端で日本海に流入する。かつては東へ曲流して橋津(はしづ)で日本海に注いだが、下流路は、寛文(かんぶん)年間(1661~1673)の改修で現在の流路となった。構造線に沿う竹田(たけだ)川(上流部の別称)、支流の三徳(みとく)(三朝(みささ))川、小鴨(おがも)川には約三段の段丘が発達する。上流の三徳山付近の渓谷や小鹿渓(おしかけい)(国の名勝)は谷頭侵食部にできたもの。小鹿渓の上流には中津(なかつ)ダムと平家村の中津がある。河口東岸の北条(ほうじょう)砂丘裏には埋め残しの海跡湖東郷(とうごう)池がある。[岩永 實]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天神川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天神川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation