@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天禄【テンロク】

デジタル大辞泉

てん‐ろく【天×禄】
天から授かる幸福。天の恵み。
古代中国の想像上の動物。があり、鹿またはに似る。霊獣とされ、印章墓石などに刻される。天獣。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てんろく【天禄】[年号]
平安中期、円融天皇の時の年号。970年3月25日~973年12月20日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てんろく【天禄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本の元号がわかる事典

てんろく【天禄】
日本の元号(年号)。平安時代の970年から973年まで、円融(えんゆう)天皇の代の元号。前元号は安和(あんな)。次元号は天延(てんえん)。970年(安和3)3月25日改元。円融天皇の即位にともない行われた(代始改元)。969年(安和2)の安和の変で左大臣源高明(たかあき)が失脚した後、冷泉(れいぜい)天皇の譲位を受け、同母弟の円融天皇が11歳で即位した。源高明の対抗勢力である藤原氏の支援によるもので、即位にともない、関白太政大臣の藤原実頼(さねより)(円融天皇の大伯父)が幼帝摂政に就任した。973年(天禄4)には、薬師寺金堂と東塔を残して焼失している。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天禄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天禄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation