@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天福【テンプク】

デジタル大辞泉

てんぷく【天福】[年号]
鎌倉中期、四条天皇の時の年号。1233年4月15日~1234年11月5日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てん‐ぷく【天福】
天から受ける幸福。
天福日」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てんぷく【天福】
天の与えるさいわい。天与の幸福。
天福日てんぷくにちに同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てんぷく【天福】
年号(1233.4.15~1234.11.5)。貞永の後、文暦の前。四条天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

てんぷく【天福】
日本の元号(年号)。鎌倉時の1233年から1234年まで、四条(しじょう)天皇の代の元号。前元号は貞永(じょうえい)。次元号は文暦(ぶんりゃく)。1233年(貞永2)4月15日改元。四条天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『尚書注疏(しょうそちゅうそ)』『書経(しょきょう)』を出典とする命名。天福年間の鎌倉幕府の将軍は藤原(九条)頼経(よりつね)(4代)、執権は北条泰時(やすとき)(3代)。四条天皇は1232年(貞永1)、父帝の後堀河(ごほりかわ)天皇の譲位を受けて2歳で即位した。幼少のため後堀河は上皇として院政を行ったが、1234年(天福2)に崩御した。また、承久の乱の後わずか81日間で廃位とされた仲恭(ちゅうきょう)皇も同年、崩御している。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てん‐ぷく【天福】
[1] 〘名〙
① 天の与える幸福。天与のしあわせ。天幸。
※諸国年中行事(1717)一「諸人富をつきて天福をいのるに」 〔漢書‐宣帝紀〕
[2] 鎌倉時代、四条天皇の代の年号。貞永二年(一二三三)四月一五日に前年の天皇即位により改元、天福二年(一二三四)一一月五日に文暦元年となる。執権は北条泰時。出典は「書経‐湯誥」の「天道福善禍淫」に対する伝の「政善、天福之」による。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天福」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天福の関連情報

関連キーワード

鶴舞音取前田健太教訓抄建礼門院右京大夫興聖寺毫摂寺西寺重信川

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation