@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

天秤座【テンビンザ】

デジタル大辞泉

てんびん‐ざ【天×秤座】
黄道十二星座の一。7月上旬の午後8時ごろ南の中天に見える。乙女座蠍(さそり)座との間にあり、古代には秋分点があった。学名 〈ラテン〉Libra

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

天秤座
二区分は男性星座三区分は活動星四区分風のエレメント。支配星は金星身体部位腎臓・背中下部・外交家他者との関係を通して自分自身を確認する。生まれながらに自然なホスト・ホステス気質を持つ。調和を何よりも重んじる。審美的であり芸術的。常に中を保ち優柔不断になりがちな面もある。天秤左右に揺れ動くかのごとく人の意見に左右されやすい。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てんびんざ【天秤座】
7月中旬の宵に南中する黄道星座。古くは黄道十二宮の天秤宮に相当し、この星座に秋分点があった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんびん‐ざ【天秤座】
南天の星座。乙女座と蠍(さそり)座の間にある。黄道十二星座の一つ。古くはこの星座に秋分点があった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天秤座」の用語解説はコトバンクが提供しています。

天秤座の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation